ファイザー - アメリカ株ドットコム

アメリカ株ドットコム

ファイザー (PFE)

36.69 -0.2(-0.55%)
高値 37.25   安値 36.48
始値 36.89   出来高 43907064/10分毎

年初来高値 44.56   年初来安値 33.97

9月20日の始値 36.89   9月20日の終値 36.69
9月20日の高値 37.25   9月20日の安値 36.48
9月20日の出来高 4391万売買      

Pfizer Inc.

ファイザー・インコーポレーテッド (Pfizer Inc.) は、世界売上1位(2006年、売上高483億7,100万ドル)の米国の製薬会社です。 株式がダウ平均株価の構成銘柄に選ばれています。
完全子会社である日本法人は東京都渋谷区代々木3-22-7(新宿文化クイントビル)に所在しています。

1849年にチャールズ・ファイザーらによってニューヨークで創業しました。南北戦争時の北軍の医薬品はほとんどファイザーが製造していました。
マンハッタンのグランド・セントラル駅に程近いミッドタウン東部に本社ビルを所有しています。
1949年、抗生物質テラマイシンの開発によってファイザーは最初の成功を収めました。
1970年、社名をチャールズ・ファイザー&カンパニー・インクから、ファイザー・インクに改めました。
1982年には抗炎症剤フェルデンが売り上げ10億ドルを突破するファイザー初のブロックバスターに成長、巨大企業への礎を築きました。
1990年代から積極的な大型買収を繰り返して、アトルバスタチン(商品名リピトール)、抗うつ薬ゾロフト、勃起不全薬クエン酸シルデナフィル(商品名バイアグラ)、抗炎症剤セレブレックスなどを抱える巨大企業に成長します。
2000年にはアメリカのワーナー・ランバート(医薬品のパーク・デービス (en:Parke-Davis) 、カプセル剤のカプスゲル、カミソリのシック、含嗽剤のリステリン、お菓子のアダムス、観賞魚製品のテトラ・ベルケなどを保有)を、さらに2003年にはアメリカのファルマシア (en:Pharmacia) を買収し、世界最大の製薬会社となりました。

有力な新薬を会社ごと買収して収益を上げる手法は「ファイザーモデル」とも呼ばれ、1990年代から進んだ製薬業界再編の旗頭となります。

ファイザー株を取引できる日本の証券会社

SBI証券 マネックス証券 楽天証券 エイト証券 IronFX

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アシュランド   iシェアーズ・ラッセル2000・バリュー・ETF   カリセラ・バイオサイエンシズ   サウスクロス・エナジー・パートナーズ   アソシエーテッド・バンコープ   アンプリフィー・バイオサイエンス   Gray Television Inc. CLass A   Boulevard Acquisition Corp. II   アライアンス・ワン・インターナショナル   CRH   iシェアーズ・アメリカ短期国債ETF   アルファベット   iシェアーズ・マイクロキャップETF   ウィズダムトリー・トータル・アーニングス・ファンド   テキサス・インスツルメンツ   インターグループ   コーチ   LK   Global X SuperDividend   タイム・ワーナー   グルーポ・フィナンシェロ・サンタンデール・メキシコ  

あなたの銘柄検索履歴

銘柄検索履歴がありません

オススメ銘柄

この銘柄を注目している人はこんな銘柄も注目しています

リアルタイム・検索ランキング