ゼネラルモーターズ - アメリカ株ドットコム

アメリカ株ドットコム

ゼネラルモーターズ (GM)

-

カテゴリ:自動車

36.96 -0.24(-0.65%)
高値 37.29   安値 36.92
始値 37.2   出来高 4110525/10分毎

年初来高値 41.9   年初来安値 32.2

8月20日の始値 37.2   8月20日の終値 36.96
8月20日の高値 37.29   8月20日の安値 36.92
8月20日の出来高 411万売買      

General Motors Company

ゼネラルモーターズ(General Motors Corporation)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイトに本社を置く企業で、アメリカの自動車ビッグスリーの一角です。
略称は「GM」。2009年6月1日に連邦倒産法第11章の適用を申請し、2009年7月10日に手続きを終えました。

1908年9月16日に、ウイリアム・C・デュラントがミシガン州フリントで組織した持株会社がゼネラルモーターズです。
ビュイック・モーター(1903年創業)の経営を1904年に任されたデュラントは、社長としてビュイックを全米有数の自動車メーカーに育て上げました。
デュラントはゼネラルモーターズ創設後、1908年末にオールズモビルを買収し、翌年にはキャディラック、エルモア、オークランド(後のポンティアック)などを買収してGMの一部としました。
その後もGMはミシガン州周辺のトラックメーカーを次々買収するが、買収費用がかさんだことにより100万ドルの負債を抱えるはめになりました。
1910年、デュラントはGMの支配権を失い、バンカーズ・トラストが会社の支配権を握りました。

デュラントはその後シボレーの創立(1911年)に関わり、GMの株を買い戻して1916年には社長に返り咲き、シボレーを翌年GMの一部とします。
彼の復活の背後には、1914年に最初の投資を行って以降、1950年代までGMに関与し続けたデュポン社の社長ピエール・S・デュポンがいました。

2009年7月10日、連邦倒産法第11章により、優良資産等をアメリカ政府が61%保有する新会社に売却する手続きを終えました。
残余の新会社株は、全米自動車労組(United Auto Workers、UAW)及びカナダ政府等が保有しています。

ゼネラルモーターズ株を取引できる日本の証券会社

SBI証券 マネックス証券 楽天証券 エイト証券 IronFX

最近検索された株 (銘柄トレンド)

インテル   クレイン   チキータ・ブランド   AdvisorShares Gartman Gold/Yen   ICICI銀行   デュポン   コカ・コーラ   Allergan plc. 5.50% Mandatory Convertible Preferred Shares Series A   ストーン・ハーバー・エマージング・マーケット・インカム・ファンド   MFS Government Markets Income Trust   テスラモーターズ   アルファベット   Lawson Products Inc.   Associated Banc-Corp Warrants   スリーエム   アバーディーンジャパンエクイティーファンド   ウィン・リゾート   スクエア   Alliance Fiber Optic Products Inc.   AmTrust Financial Services Inc. Depositary Shares Each Representing 1/40 th Interest in a Share of 7.75% Non-Cumulative Preferred Stock Series E   ブラックロック・ロングターム・ミュニシパル・アドバンテージ・トラスト  

あなたの銘柄検索履歴

銘柄検索履歴がありません

オススメ銘柄

この銘柄を注目している人はこんな銘柄も注目しています