アメリカ株 ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株の最新ニュース一覧

アップル、改装したHomeKitアクセサリーページにてノキアのウィジングズを無視 3月14日

アップルは、家庭向けのウェブサイトに一般的なアップデートを加え、今後の製品に関する最新情報を掲載するためにHomeKit対応アクセサリーとパッケージのオンラインリストの再構築をしました。 記事へ進む

アップル、中国での成長が求められる:iPhone 8がその答え? 3月14日

アップルは、中国でiPhone 6で大ヒットした年がありましたが、それ以降、iPhoneの販売台数が急落しています。 記事へ進む

アップル、「修理権」法案に対するロビー活動 3月10日

先月、アップルが代表者を州に送ったことで、ネブラスカ州での「修理権」の提案に反対するつもりだということが言われています。 記事へ進む

アップルはいかにしてSiriに新しい言語を学習させているか 3月10日

多くのハイテク企業が独自の音声アシスタントを登場させているため、アップルはSiriにより多くの言語を教えることでその競争で抜きん出ようとしています。 記事へ進む

テスラ、オートパイロット2.0のアップデートで自動運転機能とTACCの速度制限を引き上げ 3月9日

ちょうど1か月前、テスラは、横からの衝突警告とその他を追加した、オートパイロット(Autopilot)改善のアップデートを出しました。 記事へ進む

テスラ、ジュニパーのゲイリー・クラーク氏を最高情報責任者(CIO)として雇用 3月9日

テスラは才能の宝庫で、最近加入したのはゲイリー・クラーク氏です。 記事へ進む

さらに向上するアップルの価格マッチングプログラム[報告] 3月8日

アップルは、デバイスの高価格販売で知られています。 記事へ進む

アップルの改訂版Apple Musicがあるにもかかわらず、Spotifyの成長は大きなうねりを見せる 3月7日

アップル(NASDAQ:AAPL)が2015年にSpotifyのようなストリーミング音楽サービスを開始したことは、ハイテクの巨人にとって重要な動きでした。 記事へ進む

アップル、静かに新iPhoneをリリースするが、すべてではない。 3月6日

ガジェッツ・ニュースによれば、大至急出会ったものの、アップルはiPhone 6のストレージ容量を拡張し、インド(およびその他アジア諸国)で再開しました。 記事へ進む

結局、アマゾン(AMZN)にも誤りがないわけではない 3月4日

空中に倉庫を置き、無人機で製品を提供するという野心があるアマゾン(NASDAQ:AMZN)は一見、誤りがないわけではないようで、その株を過去最高値近くに位置づけています。 記事へ進む

パナソニックが所有する新しいソーラールーフ技術を、テスラはモデル3で使用か? 3月2日

テスラは、7月までにモデル3の生産を開始する予定です。 記事へ進む

アップル(AAPL)が失敗したところで、アルファベット(GOOGL)が成功する 3月2日

アルファベット(NASDAQ:GOOGL)は、アップル(NASDAQ:AAPL)の直接の競争相手ではありません。 記事へ進む

アマゾン(NASDAQ:AMZN)、ウォルマート・ストアーズ(NYSE:WMT)の電子商取引事業の成長を懸念すべきか 2月27日

アマゾン(NASDAQ:AMZN)の投資家は、取引が何らかの指示である場合、ウォルマート・ストアーズ(NYSE:WMT)の第4四半期における電子商取引売上の大幅な伸びを懸念していません。 記事へ進む

アップル・パーク:アップル(AAPL)、「スペースシップ」キャンパスのグランドオープニングに向けて準備中 2月23日

アップルは、4月に従業員を「スペースシップ」キャンパスに移動させる準備ができているとのことです。 記事へ進む

アップル(AAPL)、赤いiPhone 7を準備中? 2月22日

アップル(NASDAQ:AAPL)は、今後6か月以内に課題に直面します。 記事へ進む

アマゾン、ポーランドに5番目の物流センターを開設 2月20日

月曜日の報道によると、アメリカのオンライン小売業者アマゾン(AMZN.O)は今年、比較的な低賃金と大市場のドイツへの近さからくる利益のために、ポーランドに5番目の物流センターを開設しました。 記事へ進む

アップル、Touch IDを廃止しようとしているのか? 2月20日

Touch IDは、無条件に成功してきました。 記事へ進む

WWDC 2017:アップルは何を明らかにするのか 2月17日

アップル(NASDAQ:AAPL)は、年1回の開発者会議の開催日を発表しました。 記事へ進む

アップル、トランプ氏のiPhone製造計画について異論を持つ可能性 2月16日

アップルは、トランプ氏を怒らせることを気にしていません。 記事へ進む

ソロモン氏、ワシントンの元ゴールドマン・サックスが会社を避けるかもしれないことに言及 2月16日

政府で働くために退職するゴールドマン・サックス・グループの幹部は、彼らの政策決定に変更を示すよりもむしろ、評判を損なうおそれがあるために、以前の同僚を避ける傾向が強いだろうと、社長兼COOのデービッド... 記事へ進む

リアルタイム・検索ランキング