アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ゴールドマンCEO、ウォール・ストリートでトランプ大統領の移民制限令でけん制する

日本時間: 2017年1月30日 22時42分 公開

ゴールドマン・サックス・グループのCEO、ロイド・ブランクファイン(Lloyd Blankfein)氏は、イスラム諸国からの到着阻止を掲げる大統領令に反対する、最初のウォール・ストリート街のリーダーとなりました。

日曜日の従業員に対するボイスメールで、ブランクフェイン氏は多様性がゴールドマンの成功の特徴であるけれども、一時的な凍結が永久になると、銀行とそのスタッフの「混乱」を招く可能性があると述べました。

ロイター通信によると、ブランクフェイン氏は、「これは、我々が支援する政策ではありません。すでに連邦裁判所は差し押さえるべきであり、一部の命令は少なくとも一時的に禁止されているものです。」と、言いました。

シリコンバレーでは、アップルやフェイスブックなどの企業トップがトランプ氏の移民禁止をすみやかに非難しました。けれども、ほかのアメリカ企業は、ホワイトハウスからの反発を誘発することに敏感になり、言及にはより慎重な姿勢を取っています。

とくに、ゴールドマンはトランプ氏の行政管理に加わった同窓生から、注目を集めているために、ブランクフェイン氏の同僚の多くからの穏やかな反応は、彼の言葉をより強力にしています。

ブラックロックのCEO、ラリー・フィンク(Larry Fink)氏は月曜日、スタッフに「トランプ氏の命令は多様性・包括性という目標に「挑戦」をたたきつけたようなものです」というメモを送りました。

ブラックロックは、従業員への直接的な影響と、命令の広範な影響を検討していると言われています。

「もちろん、我々は安全保障の促進とテロとの戦いを望んでいます。けれども、正当なプロセスと個人の権利、包括性の原則を尊重して行う必要があると考えられます。」と述べています。

シティグループCEO、マイク・コルバット氏は月曜日に、従業員に対するメモで、「行政命令が送るメッセージ」への懸念と衝撃的な移民政策が与える「顧客サービス成長に貢献するための能力」への影響を述べました。

CEOのジェイミー・ディモン氏を含むJPモルガン・チェース・アンド・カンパニーの運営委員会は、この政策を直接批判しませんでした。週末のスタッフへのメモで、影響を受ける全従業員に支援を出すとともに、この国が「世界の豊かな多様性によって強化された」ことに言及しています。

ロイター通信が入手し、広報担当者によって確認されたバンク・オブ・アメリカのCEO、ブライアン・モイニハン氏の社内メモによると、その命令を「密接に監視」するとともに、影響を受ける可能性があるスタッフと連絡を取っています。

「我々は、チームメイトがいる多様な才能源に依存しています。」と、メモには述べられています。

モルガン・スタンレーとウェルズ・ファーゴなどの銀行は、幹部命令とスタッフへの影響を見直していると述べました。

バッツ・グローバル・マーケットとナスダック、ニューヨーク証券取引所の親会社、インターコンチネンタル・エクスチェンジは、言及を完全に拒否しました。

ヘッジファンド業界は、入国制限に関して事実上沈黙しています。ブリッジウォーター・アソシエイツとルネッサンス・テクノロジーズ、ミレニアム・マネジメント、ツー・シグマ・インベストメントなどの大手企業代表者は、週末のコメント要請に応えていません。

ブラックストン・グループのCEO、スティーブン・シュワルツマン氏は、トランプ氏のビジネスリーダー諮問委員会の議長を務めていますが、その禁止令についてコメントをしていません。


公的声明を発表した銀行・企業決定に精通している人たちは、トランプ氏に対する恐れが、多くのCEOたちの反応を抑制していると語っています。

選挙以来、トランプ氏は株価変動を引き起こし、特定企業の搾取のためにツイッターをしました。ウォール・ストリートは金融改革規制の緩和を望んでいるため、ほとんどの企業はトランプ氏の恩恵に留まりたいと言われています。

ゴールドマンの元COO、ゲイリー・コーン(Gary Cohn)氏は、12月に退職し、ホワイトハウス国家経済評議会議長を務め、トランプ政権に加わりました。

そのほかに、財務長官のスティーブン・ミンチン氏とアドバイザーのスティーブ・バノン氏とアンソニー・スカラミッチ氏、ディナ・パウエル氏がいます。

これらの新メンバーは、大恐慌から2008年の金融危機まで、ゴールドマンが政府・公共政策に長い間影響を与えてきた銀行として注目しています。

しかし、住宅ローン市場への賭けをめぐる不祥事に巻き込まれた後、そのイメージ改善のためのキャンペーンに着手しました。ブランクフェイン氏は、慈善活動と多様性への取り組み、ゴールドマンの雇用創出に重点を置いています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

テスラモーターズ   iシェアーズ・S&P・グローバル・エネルギー・セクター・インデックス・ファンド   モービルアイ   ボンソー・エレクトロニクス・インターナショナル   iPath Long Enhanced MSCI EAFE Index ETN   エヌビディアコーポレーション   フィリップモリス   iシェアーズ・ラッセル2000・インデックス・ファンド   アルファベット   Libbey Inc.   PFB   ASMLホールディング   ゴールドマン・サックス   アイ・ビー・エム   ディファレンシャル・ブランド・グループ   Blue Hills Bancorp Inc.   センティーン・コーポレーション   Kayne Anderson Total Energy Return Fund Inc.   セールスフォース・ドットコム   ベントン・キャピタル   パロ・アルト・ネットワークス  

このニュースの関連企業・銘柄

ゴールドマン・サックス<GS>

リアルタイム・検索ランキング