アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

パナソニック、テスラ・モーターズ(TSLA)向けに単なる電池以上のものを生産したい意向

日本時間: 2017年1月20日 3時50分 公開

パナソニック(OTCMKTS:PCRFY)は、バッテリーを超えてテスラ・モーターズ(NASDAQ:TSLA)との関係を拡大したいと考えています。

パナソニックは、テスラ・モーターズの自動運転車両計画の一部になりたいと考え、とくに、システムで使用できるセンサーの開発に関心を持っています。これには、現在開発中の 「有機光導電性フィルムCMOSイメージセンサー」が含まれています。

パナソニックのCEO、津賀一宏氏はロイター通信に対し、「テスラの自己運転システムに深く関心を持っています。」と話しました。「我々は、センサーのようなデバイスを共同開発することで協力関係を拡大したいと考えています。」

パナソニックは、すでにテスラ・モーターズと強く提携しています。唯一、パナソニックは、テスラ・モーターズのモデルSとモデルX車両用バッテリーだけでなく、今後のモデル3用バッテリーを独占的に提供する予定です。さらに、太陽エネルギーの設定で使用される太陽光発電モジュールのテスラ工場に対して、2億6000万ドルを投資しています。

テスラ・モーターズは、自動運転技術で前進しています。数か月前に、オートパイロット・ハードウェアの第2世代を提示しました。この設定には1台のレーダーと8台のカメラ、超音波センサー、スーパーコンピューターが備えられています。エレクトレックの報告によると、ハードウェアはおそらく時間とともに変化するけれども、テスラ・モーターズはこの技術に専念するとのことです。

さらに、パナソニックは、新たなヘッドアップディスプレイ技術をテスラ・モーターズへ披露することに関して、興味があるかもしれません。新技術は、今月初旬にコンシューマー・エレクトロニクス・ショーで公開されたばかりです。この技術は、ダッシュボードを乱雑にすることなく、ドライバーに追加情報を提供するために使用されます。

テスラ・モーターズの株価は1%上昇し、パナソニック株は木曜日の午後の時点でわずかに下落しました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

オムニビジョン・テクノロジーズ   アルファベット   パブリック・ストレージ   パシフィック・ドリリング   ヴァーレ   SPDR Russell 2000 Low Volatility   アバロンベイ・コミュニティ   アマゾン.com   テスラモーターズ   エクイティ・レジデンシャル   HCP   エーティーアンドティー   Goodrich Petroleum Corp.   シスコ   ブラックロック・ロングターム・ミュニシパル・アドバンテージ・トラスト   アバゴ・テクノロジーズ   iシェアーズ・MSCI・オール・カントリー・アジア(除く日本)ETF   ウェルタワー   フロンテオ   EPAMシステムズ   iShares Commodities Select Strategy ETF  

このニュースの関連企業・銘柄

パナソニック<PCRFY>
テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング