アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アリババ、マー氏は、何が何でも米中貿易戦争の回避を希望

日本時間: 2017年1月19日 5時53分 公開

アリババ・グループ・ホールディングス会長、ジャックー・マー氏は、アメリカと中国の間の貿易戦争が世界に災害をもたらすことと、それが起こらないようにマー氏の力で何か行動を起こそうということを述べました。

中国とアメリカは決して貿易戦争を起こすべきではないし、起こさないであろうと思われる。そして、ドナルド・トランプ次期大統領にある程度の時間を与えるべきだと思われる。」と、マー氏はスイスのダボスで開催された世界経済フォーラムで語りました。

世界経済第1位と第2位との間の貿易戦争の結果は、そのような紛争を防げる場合、自分の会社が犠牲になるくらい、とてもひどいものになるでしょう。

トランプ氏は、中国やメキシコのような国々には厳しい関税を課すと約束しました。彼はアメリカ企業に対して、自国での雇用の維持・創造に圧力をかけています。そして、懲罰的輸入関税で脅し、海外で事業を展開するアメリカの企業を批判しています。そのことにより、他国が関税で報復する可能性があり、世界的な貿易戦争が引き起こされます。

アリババは、アメリカに繋がる事業の大部分を占めています。トランプ氏が選挙戦で言及した内容を実行する状況を避けるために、強いインセンティブを与えています。より高い関税は、アリババのアメリカ消費者への販売を押し下げるでしょう。そして、その後の貿易紛争が、アリババのティーモール・プラットフォームでの販売を損なう可能性があります。

マー氏は、今月初めにニューヨークで会ったとき、トランプ氏が中国を通貨操作としてラベリングしたこと、またはアメリカが中国などの国への雇用を失っていることなど、トランプ氏と取引について具体的に話し合わなかったと述べました。

「アメリカには言論の自由があり、彼は言いたいことは何でも言える。」と中国の億万長者は言いました。「私は尊敬・理解しているが、もちろん、私にも見解はある。」

マー氏はまた、アメリカ合衆国通商代表部がまとめた「悪評の高い市場」のリストに戻された後に、サイト上の著作権侵害に対抗するアリババの努力を擁護しました。アリババは偽造品と戦うためにできることをすべてやっていることを議論し、その子弟は政治的影響を受けていた可能性があることを示唆しました。

「偽造品との戦いは、人間の貪欲さに対する戦争だ。」と、マー氏はダボスで言いました。「それは簡単ではないし、終焉させることはできない」とも言いました。「人々が私を、私たちを批判しても、私たちが進めてきたことに満足していることがもっとも重要だ。」

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アルファベット   First Trust Energy AlphaDEX Fund   アリババ・グループ・ホールディング   メサビ・トラスト   フルーア   フィットビット   シェブロン   CSX   アップル   マロネ・バイオ・イノベーション   アナダルコ・ペトロリアム・コーポレーション   イェルプ   オン・セミコンダクター   iシェアーズ・S&P・グローバル100・インデックス・ファンド   Tesoro Logistics LP representing Limited Partner Interests   ケミカル・アンド・マイニングカンパニー・オブ・チリ   メディシノバ   アプライド・マテリアルズ   バンク・オブ・アメリカ   キャロン・ペトロリアム   モービルアイ  

このニュースの関連企業・銘柄

アリババ・グループ・ホールディング<BABA>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート