アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アリババ・グループ:トランプ氏とマー氏との会談と反中国政策、投資家のジレンマ!

日本時間: 2017年1月17日 21時42分 公開

電子商取引大手のアリババ・グループ・ホールディング(NYSE:BABA)は、とくに選挙後のシナリオにおいて、それに値する強気な対応を受けていません。投資家は、広州に本社を置く小売業者の基盤よりもむしろ、アメリカでの将来を心配しています。新アメリカ大統領の反中国政策は、実際に中国株にとっては落胆した兆候でした。

これとは対照的に、中国での大富豪がアメリカで約100万人の雇用を創出すると約束したため、先週のトランプ氏・マー氏との会談は実り多いものでした。これらの見解はまったく異なるシナリオを提示していますが、投資家に有意義な示唆を与えるために、The Country Callerは事実への見解を出します。

新たに選出された大統領の最近の発言は、中国企業にとってあまりよくないものかもしれません。けれども、2015年に中国が6,500億ドル以上の貿易価値を持つ最大の貿易相手国であるという事実が残っています。商業面からすると、おそらくこの地域には戦略的重要性があるのです。また、輸出面で中国は3番目に位置していることから、アメリカ企業への販売への依存を示唆されています。したがって、中国が同様の立場を採用した場合、ある程度アメリカ経済に打撃を与える可能性があります。これらの理由から、両国間の貿易制裁の蓋然性は最小限です。

次に、アリババ・グループにとってのアメリカの重要性について議論します。中国外での収益の40%を得る意向を表明したため、国際業務はジャック・マー氏にとって優先事項です。おそらく、その地域でのアリババの存在を拡大したいと考えているため、アメリカは彼にとってとても重要である理由でしょう。2390億ドル企業は最近、偽造者に対して非常に積極的であるため、その努力はブランドに賞賛されました。

投資家がアリババ・グループ・ホールディングスの可能性を過小評価していると考えているため、The Country Callerは強気な見方を維持しています。弱気の感情論にもかかわらず、争点に何の変更も加えていない販売側の企業によって、我々の見解は確認されたのです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ProShares DJ Brookfield Global Infrastructure   iシェアーズ・MSCI・イタリア・キャップド ETF   フェイスブック   アップル   スケッチャーズUSA   ウィスダムツリー・ジャパン・ヘッジド・リアル・エステート・ファンド   エクセラ   スチュワート・インフォメーション・サービス   ガルフマーク・オフショア   マイクロン・テクノロジー   3Dシステムズ   ウェルズ・ファーゴ   ベルデン   Columbia Select Large Cap Value ETF   マーケット・ベクトル・コールETF   アルファベット   テレフレックス   イタウ・ウニバンコ   Biolase Inc.   Eldorado Resorts Inc.   Bel Fuse Inc. Class B Common Stock  

このニュースの関連企業・銘柄

アリババ・グループ・ホールディング<BABA>

リアルタイム・検索ランキング