アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ・モーターズ(TSLA)、最優先はスーパーチャージャーでの充電機器台数追加

日本時間: 2017年1月11日 23時7分 公開

去年以降、テスラ・モーターズ(TSLA)は、新型・既存のスーパーチャージャーステーションにおける充電機器数の増加に取り組んでいて、ノルウェーのネべネス(Nebbenes)に充電機器20台を有する高速充電施設をオープンしました。エレクトレックの報告によると、モデル3を発売したばかりの数か月で、テスラは既存の充電ステーションを「最優先」にする計画です。

2012年、テスラがアメリカでスーパーチャージャー・ネットワークを構築し始めたとき、施設あたり4~6台の充電機器を設置しました。次第に、その数は6~8台に増加し、おもに自動車メーカーの販売サービス施設には、施設あたり2~4台の充電機器があります。世界中で、施設あたり12台のスーパーチャージャーが普及していますが、テスラの自動車製造施設があるカリフォルニア州フリーモントには、世界で2番目の20台の充電機器を有する充電ステーションを開設すします。

昨日、フォロワーの一人がテスラCEO、イーロン・ムスク氏に、小規模立地における充電機器台数増加の計画について、ツイッターで尋ねました。ムスク氏は、このように述べました。

@matt_mantyla
@TeslaMotorsは、既存のスーパーチャージャー施設での機器台数の増加が最優先です。混雑している一方で、その近所には空きがあります。
-イーロン・ムスク(@elonmusk)2017年1月10日

テスラは、2017年後半に発売予定の次期モデル3で悪化する可能性がある、スーパーチャージャーステーションの混雑減少に注力しています。充電施設を駐車場として誤用するテスラの所有者に対して、新規のアイドル料金を導入しました。さらに、1月15日以降に発注された全車両について、無制限の無料スーパーチャージを終了する予定で、ユーザーに年間無料のスーパーチャージ割り当てを与えます。

スーパーチャージャー・クレジット・プログラムは同時に開始され、新規所有者はネットワークを使用できます。スーパーチャージャー・クレジット・セールスからの資金は、グローバル・スーパーチャージャー・ネットワークの拡大継続に使用されます。

スーパーチャージ・インフォによると、北米と欧州、アジア太平洋の3大陸に、約5000台の充電機器・804か所の高速DC充電ステーションがあります。充電機器台数は、今後11か月間で3倍に増え、1万5000台になる見込みです。自動車メーカーは、350kW以上の出力を有し、ソーラーパネルとパワーパック2によって電源が供給されるスーパーチャージャーV3にも取り組んでいます。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

エスティ・ローダー・カンパニーズ   ファイヤーアイ   ハーモニー・ゴールド・マイニング   テスラモーターズ   アンダーアーマー   アレクシオン・ファーマシューティカルズ   アルファベット   メルク   HMN Financial Inc.   バンク・オブ・アメリカ   ゴールドマン・サックスBDC   スプリント・ネクステル   エヌビディアコーポレーション   フリーポート・マクモラン   オートネーション   アップル   ガムコ・インベスターズ   アプライド・マテリアルズ   トライ・コンチネンタル・コーポレーション   PowerShares DWA SmallCap Momentum Portfolio   アメリカン・エキスプレス  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート