アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ・モーターズ(TSLA)販売責任者:中古車には永年無料のスーパーチャージがある

日本時間: 2017年1月10日 4時1分 公開

先週のThe Country Callerからの発表によると、テスラ・モーターズ(NASDAQ:TSLA)は、無料の無制限スーパーチャージサービスの締め切りを15日間延期し、今週末までに終了する予定とのことです。これにより、注文を確定できなかった潜在的な顧客と新規顧客は、1月15日までに注文を確定でき、その後、すべての新しい車両がスーパーチャージャー・クレジット・プログラムに入れられます。

エレクトレックは、テスラの認定中古車(CPO)車が、締め切り前に注文した全車両のように一生涯無料の高速DC充電アクセスできるかどうか、不確実性があったと報告しました。その理由は、スーパーチャージャー・クレジットの発表後に、自動車メーカーがスーパーチャージャー・アクセスに関する言及を、CPOページの全車両リストから削除したからです。

しかしながら、テスラのセールス・サービス社長、ジョン・マクニール氏はツイッターでこのことに関して認識しました。

@モデル3Oオーナーは正しくありません。CPOは車両に永年スーパーチャージを提供する。-ジョン・マクニール(@jonmcneill)2017年1月9日

けれども、CPOページからスーパーチャージに関する言及を取り去ったのかが不明です。

11月、テスラは2016年12月31日までに発注が確認された全車両と2017年3月31日以前に顧客が受け取った配送車両は、永年無料のスーパーチャージ・アクセスを所有できると発表しました。そのほかの顧客は、スーパーチャージャー・クレジット・プログラムに入り、毎年約1000マイルに相当する、無料のスーパーチャージャー・クレジット400kWhが割り当てられます。

さらに、顧客が年間割り当て枠を使い切った場合、クレジットが必要となります。スーパーチャージャー・ネットワークの継続的な拡張を確実にするために、スーパーチャージ料金が導入されていますが、テスラはクレジット価格設定の詳細を明らかにしていません。ただし、スーパーチャージャー・クレジットの価格は地域によって異なることは、知られています。

CPO車はすでに、テスラ車を低価格で所有できる利点があり、永年スーパーチャージも保証されています。テスラの中古車の欠点の一つに、CPOのページに掲載されている車両には、新車両用ハードウェアがないことです。

エレトレックによると、中古モデルSセダンは、バッテリーパックのオプションの違いにより5万~14万4000ドルの価格帯で提供されています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

フォーティネット   モービルアイ   ネットフリックス   JD.com   アルベマール・コーポレーション   リバティ・ライラック・グループ   アルファベット   ロイヤルグローブ·ホールディング   アリババ・グループ・ホールディング   Allegiance Bancshares Inc.   セールスフォース・ドットコム   ALPS ETF Trust Stoxx Europe 600 ETF   ウォルト・ディズニー   ビザ   PIMCO Low Duration Active Exchange-Traded Fund   テスラモーターズ   コンスタント・コンタクト   ノース・アメリカン・エナジー・パートナーズ   マクラッチー・カンパニー   Huntington Bancshares Incorporated Depositary Shares   ツイッター  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング