アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ・モーターズ(TSLA)ソーラー・アーム、太陽光のポートフォリオから2億4100万ドルの株式を調達

日本時間: 2016年12月26日 21時5分 公開

複数のアナリストは、ソーラーシティの現金収支負担を確信している一方で、テスラ・モーターズ(NASDAQ:TSLA)の経営陣は、直近に買収された国家最大のソーラーインストーラが現金流入を増やすであろうと決めています。株主の議決権の前に、ソーラーシティは10億ドル近くの資金調達を行いました。

週末のエレクトレックからのリポートによると、サムモン・リニューアブル・エナジーによる融資で、太陽光に関する現金持分を掘り当て、2億4100万ドルの価値があると報告したとのことです。この合意には、19の産業・商業プロジェクトと26,000の住宅システムが含まれる、アメリカ16州での太陽光発電プロジェクトを伴います。

サムモン・エンタープライズのCEO、ヘザー・クレアガー(Heather Kreager)氏はプレスリリースでこのように述べました。

「ソーラーシティは、サムモン・リニューアブル・エナジーが提携する企業の手腕を表しています。サムモン・リニューアブル・エナジーが再生可能エネルギー市場で成長を継続しているとして、我々は10年の歴史の中でソーラーシティによる実証された潜在性を持つパートナーを追求します。」

テスラの新しいソーラーアームは、太陽光リースの初期市場をけん引し、複数の太陽光展開の所有につながりました。これにより、長期的にキャッシュフローを生み出し、今回の取引に類似した、ポートフォリオの一部を売却できます。

しかしながら、設備の太陽容量は明らかにされませんでした。テスラブランドでは、ソーラーシティは、より多くの設備をリースではなく直接購入へ移転する予定です。この戦略は、先月のテスラとの合併された事業の直前に採用され、新規の太陽光発電設備のための前払い現金要件を、おそらく緩和するでしょう。

今月初めに、ソーラーシティは自宅でのソーラーリースを中止し、ローンと現金購入へ移行する予定である、拡張計画を発表しました。テスラはまた、ソーラーシティのブランドがテスラに変わる来年に、多くの市場に太陽光事業を拡大する可能性が高いです。さらに、ソーラー・セールス・チームは2017年の後半に発売される予定である新しい太陽電池製品を扱うテスラストアと合併するでしょう。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アルファベット   マハナガル・テレフォン   エンジェル・ゴールド   ベスト・バイ   Condor Hospitality Trust Inc Pfd Stk Ser B   Global X SuperDividend Alternatives ETF   プロクターアンドギャンブル   エクスペディア   セルジーン   プロシェアーズ・ショート・オイル・アンド・ガス   オン・セミコンダクター   アルファベット   Allstate Corporation   ガフィサ   シネックス   サンミナ   ディアジオ   General Electric Company 4.875% Notes due October 15 2052   Guggenheim CurrencyShares Swedish Krona Trust   クリー   Vanguard S&P Small-Cap 600  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング