アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ・モーターズ(TSLA)固定ストレージ・チーフ、7年後に異動

日本時間: 2016年12月20日 21時59分 公開

テスラ・モーターズ(NASDAQ:TSLA)のテスラ・エナジー副社長、マテオ・ジャラミロ(Mateo Jaramillo)氏はストレージ部門の初期メンバーの一人であったが、エレクトレックの報告によると、7年間の勤務後にそこから分裂したとのことです。テスラ・エナジーはソーラーシティとの合併前にリストラを進めているため、リポートではジャラミオ氏が部署の管理見直しに関与していないと述べている近しい関係者の証言を引用しました。

テスラのCEO、イーロン・ムスク氏はかつて、テスラの従業員を特殊部隊と呼び、幹部は特殊部隊要員として7年間勤務した後に休暇を取っているかのように思えました。自動車メーカーがメルセデスやトヨタなど、その他自動車メーカー向け電動パワートレインを開発していたとき、ジャラミロ氏は2009年にパワートレイン事業開発ディレクターとして、テスラで働き始めました。

テスラ共同創業者で元CEOのマーティン・エバーハルト(Martin Eberhard)はテスラ・エナジー社の前身であるテスラ・エナジー・グループを紹介し、ジャラミロ氏の入社2年後に、他の自動車メーカー向け電池パックの生産に集中しました。

エバーハルト氏は、テスラ・エナジー・グループの新しい目標について説明しました。

「テスラ・エナジー・グループは、テスラ・モーターズ内のグループで、他社向けエネルギー貯蔵システム(ESS)の設計・販売を可能にしています。」

エバーハルト氏は、前テスラの理事バーナード・ツェー(Bernard Tse)氏を、新規部門長として任命しました。テスラ・ロードスターに焦点を当て始めましたが、ツェー氏はルシード・モーターズに異動し、金融危機後にムスク氏が最高経営責任者に就任しました。

ジャラミロ氏は、パワートレイン部門をけん引しながら、固定ストレージ向けた取り組みを開始し、スーパーチャージャー・ネットワークの早期導入にも参加しました。翌年に発表されたエネルギー貯蔵製品に取り組ませるため、2014年、ムスク氏はジャラミロ氏をテスラ・エナジーのディレクターに任命しました。

技術部門のテスラ副社長で、2006年に加入したドリュー・バグリノ(Drew Baglino)氏もまた、2014年にテスラ・エネルギーのエンジニアリングディレクターを務め、今年初めに任務を果たしました。過去1年間で、ジャラミロ氏はテスラ・エナジーの政治・規制面について取り組んでいます。

彼のビジョンとハードウェアは、第2世代パワーウォールとネバダ州スパークスのギガファクトリーでのパワーパックの生産量を増加させようとするテスラによって、見逃されてういます。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ペイパルホール・ディングス   ピクシス・タンカーズ   メディシノバ   レイセオン   ハイリャン・エデュケーション・グループ   ホーム・デポ   フェイスブック   スクエア   ゴー・プロ   マイクロン・テクノロジー   アグニコ・イーグル・マインズ   インサイト   ユナイテッド・バンクシェアーズ   PowerShares Russell Midcap Pure Growth Portfolio   アプライド・マテリアルズ   iシェアーズGNMA債ETF   スリーエム   アルファベット   エヌビディアコーポレーション   アマゾン.com   シックス・フラッグス・エンターテイメント  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング