アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ・モーターズ(TSLA)、インテリアの品質向上でボルボのインテリア・エンジニアを雇用

日本時間: 2016年12月20日 1時24分 公開

テスラ・モーターズ(NASDAQ:TSLA)は、魅力的な電気自動車の開発を継続するために、デザイナーやエンジニアの採用を押し進めています。エレクトレックのリポートによると、スウェーデンの自動車メーカー、ボルボから最高のエンジニアリング人材を招き入れました。報道によると、ボルボのエンジニアリング担当シニアディレクター、アンダーズ・ベル(Anders Bell)氏がテスラの同様の役職に任命され、インテリア・エンジニアリング部門を率いています。

新しくテスラに加入した人物は、スウェーデンの会社で彼のキャリア全体を費やし、主任プログラムエンジニア、インテリア・エンジニアリング担当ディレクター、エンジニアリング担当エンジニア、エンジニアマネージャー、リードエンジニア、設計エンジニアなど、さまざまな技術的役割を務めてきました。18年間の著名なキャリアを経てボルボを離れ、BMWやメルセデスなどの高級ブランドほど立派ではない車両インテリアを改善するために、ベル氏はテスラに加入しました。

もっとも期待されているテスラのインテリアデザインでさえ、Model 3はあまりにも普通であり、いくつかの留保を懸念されていました。けれども、新しいエンジニア・デザイナーは、Model Yやテスラ・セミなど、その他車両プロジェクトに取り組む予定であると、The Country Callerは考えています。数か月前、テスラ関係者の発言によると、Model 3の設計は完了しているとのことです。したがって、ベル氏は他のプロジェクトに取り組んでいる可能性が高いです。過去2年間で、ベル氏はボルボでの直近の立場を作るためにコンセプト開発・設計からすべてのインテリアデザインを率いてきました。それ以前、彼は1998年のプロキャリアを開始以来、さまざまなボルボプログラムでの職に就いてきました。

ボルボでインテリア・エンジニアリング責任者になる前に、フォードがギーリー・オートモーティブに売却した後で、ベル氏は中国で4年間働いていました。中国で、彼はボルボ・カーズ・チャイナの内気候工学部門を設立し、ボルボXC60の発売を管理しました。彼はまた、プログラムマネジャーとして働いている間に、2003年にボルボXC90 SUVのリアシートシステムの設計・開発で、ヘンリー・フォード・テクノロジー・アワードを受賞しました。ベル氏は1998年に、ハルムスタード大学でイノベーションエンジニアリングの学士号を取得しました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

エネルゲン   フリーポート・マクモラン   NVR   エヌビディアコーポレーション   BHPビリトン   C.H.ロビンソン・ワールドワイド   プーマ・バイオテクノロジー   チャーミング・ショップス   モンサント   PVH   ギリアドサイエンシズ   チャイナ・ゲルイ・アドバンスド・マテリアルズ   アップル   Seres Therapeutics Inc.   レンディングクラブ   チャイナ・ゲルイ・アドバンスト・マテリアルズ・グループ   チャイナ・ナチュラル・リソーシズ   Banc of California Inc. Depositary Shares   フィデリティ・MSCI・マテリアルズ・ETF   アビスタ   エクソンモービル  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート