アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

価値ある機会のために、ゴールドマン・サックス(GS)の「買い」の機会

日本時間: 2016年12月16日 1時59分 公開

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ゴールドマン・サックス・グループ(NYSE:GS)は、顧客関係の改善と仲介の拡大のために、ニューヨークを越えて投資銀行業務を拡大しようとしています。連邦準備制度が金融政策を強化するにつれて、投資銀行は今後数年間で、銀行にとって大きな役割を果たすことが期待されています。

ゴールドマン・サックスは、投資銀行ネットワークを見直し、ダラスなど主要都市での銀行家を動かす見込みです。ゴールドマン・サックスが投資銀行部門を育成する機会を特定するため、発表は今後の予定です。

過去数四半期の債券取引収益は、投資銀行収益を押し上げています。株式市場と債券市場が拡大するにつれて、取引業務の見通しはトレーダーにとって有望と思われています。この事業部門から大部分の収益が発生したため、投資銀行業務は、過去数年間で痛手を受けていました。

水曜日に連邦準備理事会による金利引き上げは、銀行によって喜ばしいことでしたが、株式市場の勢いが失われました。ゴールドマン・サックスは、締め付けサイクルの主要受益者の一つと考えられています。よりよい見通しの経済おかげで、投資家はより高い顧客活動が可能になったため、ゴールドマン・サックスのビジネスモデルはヘッジファンドに大きく依存しています。

最近の報道で、ゴールドマン・サックスは、新社長と新共同最高執行責任者に、David Solomon氏とHarvey Schwartz氏をそれぞれ任命しました。株価が上昇し続ける中、再編は投資家の積極的な動きと考えられています。選挙以来、ゴールドマン・サックスは積極的に動いています。水曜日の終値は239.93ドルで、過去1か月でほぼ3分の1の増加となります。

投資家の大部分は、株式に対して「買い」を付けています。原油価格の高騰と金利の上昇、景気の堅調化、トランプの管理下にある規制緩和などにより、ゴールドマン・サックスの中核をなす投資銀行は、今後の四半期でより良い成果を上げる見込みです。投資銀行ネットワークの拡大は、マクロの状況・動向が金融機関に対して望ましいように思える適切なタイミングで実行されます。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

バンガード・トータル・ストックETF   ロイヤル・ダッチ・シェル B   テスラモーターズ   ナショナル・オイルウェル・バーコ   ジョンソン・エンド・ジョンソン   フェラーリ   ダコ・ニューエナジー   ユナイテッド・バンクシェアーズ   イタウ・ウニバンコ   クリフ・ナチュラル・リソーシーズ   アルティソース・アセット・マネジメント   アロン・ブルー・スクウェア・イスラエル   アルファベット   iShares Currency Hedged MSCI EAFE Small-Cap   スターバックス   ギリアドサイエンシズ   BlackRock Utility and Infrastructure Trust of Beneficial Interest   エヌビディアコーポレーション   センシエント・テクノロジーズ   ハリバートン   ウルトラ・ペトロリアム  

このニュースの関連企業・銘柄

ゴールドマン・サックス<GS>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート