アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ・モーターズ(TSLA)パワーパック、ノースカロライナ州オクラコーク島に電力供給

日本時間: 2016年12月14日 1時29分 公開

先月のThe Country Callerの報告によると、テスラ・モーターズ(NASDAQ:TSLA)は、アメリカ領サモアのタウ島でのマイクログリッドプロジェクトを完了しました。これにより、ソーラーアレイとパワーパックの大規模システムとともに、化石燃料への依存に終止符を打ちます。Ocracoke Observerによると、クリーン技術企業は、ノースカロライナ州オラコークにある別の島に電力を供給しているとのことです。

先月、テスラは10台のパワーパックユニットを地元の電力供給企業、タイドランド・エレクトリック・メンバーシップ(Tideland Electric Membership Corporation, TEMC)に供給し、1MWhのシステムを搭載しました。島は以前、長時間の停電に使用される3MWディーゼル発電機に依存していました。ソーラーアレイを含む新規マイクログリッドは、おもにグリッドのバックアップとして使用され、電気料金が高いピーク需要時間帯にディーゼル発電機を補完する為に使用されます。

タイドランド・エレクトリック・メンバーシップの広報担当者、ハイディ・スミス氏はこのように述べました。「これは、タイドランドにとってはラーニングラボで、マイクログリッドの可能性を模索しています。テスラのバッテリーは、起動時の負荷を越えるのに役立つ可能性があります。時間の経過とともに、さまざまなマイクログリッドコンポーネントからどのような利点が得られるのかを知ることは、興味深いことでしょう。」

彼女は、次のようにも付け加えました。システムは、島全体のエネルギー需要を支えるのに十分な大きさではありませんが、初期需要がその能力を上回るときに発電機を支援するという点では有用になりうるでしょう。沿岸環境が公益事業者にとって問題を生み出すため、そのような技術を試験するためには完璧な場所であると、彼女は信じています。

ここには、スミス氏とプロジェクトに参加している人々の写真があります。

タウ島で開発されたマイクログリッドは、6MWhの容量を提供するパワーパックユニット60個を含むため、これよりもはるかに大きなプロジェクトです。エレトレックによると、第2世代では各ユニットは200kWhではなく100kWhの容量を持っているため、両プロジェクトは第1世代のパワーパックシステムを使用しています。パワーパック2の生産は、ネバダ州スパークスのギガファクトリーで、バッテリーセルの生産を開始する、今月下旬に始まるでしょう。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

Jewett-Cameron Trading Company   ブラックバード・エナジー   アリババ・グループ・ホールディング   FactorShares Trust PureFunds ISE Big Data ETF   Guggenheim Strategic Opportunities Fund of Beneficial Interest   ソース・キャピタル   Eaton Vance High Income 2021 Target Term Trust of Beneficial Interest   BlackRock New Jersey Municipal Income Trust   Northwest Biotherapeutics Inc. Warrant   Enterprise Financial Services Corp   SEACOR Holdings Inc.   アステック・インダストリーズ   Tuttle Tactical Management U.S. Core ETF   iShares Target Date 2010 ETF   アルファベット   Blue Bird Corp Wt Exp 01/23/2019   ニューコア   セブコン   フォワード・インダストリーズ   シスコシステムズ   アイ・ビー・エム  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート