アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アマゾン(AMZN)イギリスの労働者、テントの中で睡眠をとる

日本時間: 2016年12月13日 23時11分 公開

スコットランドの倉庫は小売大手が管理する数少ないフルフィルメントセンターの一つですが、匿名のアマゾンの従業員達が日々の運送の管理のために十分な金額を支払われていないようです。

問題の要点をあぶり出したうえで、匿名の従業員達はアマゾンを「貧しい雇用者」と呼びました。従業員たちは、最低賃金で毎週60時間働くことになっていました。その後、交通費は一日あたり10ポンドで、これら従業員たちは毎日の通勤時にお金を無駄にするよりかはむしろ、厳しい環境での生活をする決めたのは驚きではありません。

以前から、従業員の扱い方が懸念されていたため、このニュースはアマゾンに新たな批判を巻き起こすかもしれないと信じられています。弱い雇用政策を強調したニューヨークタイムズの報道のおかげで、小売大手が昨年に大規模な公的反発に直面したことを考慮すると、詳細がインターネットを通じて拡散した後に、このニュースはアマゾンにとって打撃を統制する努力を縮小するでしょう。

さらに、アマゾンの従業員が自殺企図でシアトルの会社の建物から飛び降りたため、電子商取引プラットフォームにとって、時期が悪化していない可能性があることは明らかです。以前の推測では、仕事上の過度なストレスのために、100人の従業員とアマゾンのCEO、ジェフ・ベゾス氏に電子メールを送信した後に、建物から飛び降りました。

スコットランドの自由民主党議員、ウィリー・レニー氏はこのように述べました。「アマゾンは、労働者たちが生活を満たすために極寒でのキャンプを強いるくらい、あまり賃金を支払っていないことを恥ずかしく思うべきです。」

このような話が浮上する中で、アマゾンの進行中の弱い方針は、最終的に企業の評判を損なうおそれがあります。アマゾンは競争の激しい市場で、小売業の巨人の主要の一社として事業展開していますが、そのようなケースの発生を止めなければ、かなり早いうちにアマゾンは既存のろう労力を失う可能性が高くなっています。このような段階は、企業の生産性レベルを変える大きな可能性を秘めています。我々は、アマゾンがスコットランド労働者の労働政策を見直すべきであると信じています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ナショナル・オイルウェル・バーコ   アリババ・グループ・ホールディング   Eaton Vance Municipal Income Trust   ビザ   キーW・ホールディングス   アジレント・テクノロジー   フェイスブック   HDFCバンク   セールスフォース・ドットコム   フリーポート・マクモラン   アダプティミューン・セラピューティックス   Fidelity MSCI Financials Index   アルファベット   MSB Financial Corp.   インテュイティヴ・サージカル   メディシノバ   スクエア   BMW   バンコ・ブラデスコ   プラグパワー   モザイクカンパニー  

このニュースの関連企業・銘柄

アマゾン.com<AMZN>

リアルタイム・検索ランキング