アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アルファベット(GOOGLE)Androidアップデートのサイズ縮小、ニュースフィードをホーム画面に導入

日本時間: 2016年12月8日 0時19分 公開

アルファベット(GOOGL)は、「Google Now」が2分割されているため、Android搭載携帯電話のホーム画面に、ニュースフィードを導入しました。これだけではなく、Androidアプリのアップデートも絞り込まれています。グーグルは明らかに、ニュースフィードの更新とともに、アプリのアップデートが約65%に削減され、Androidに注目を集めています。

アルファベットのエンジニアは、Androidアプリのアップデートのファイルサイズを縮小する戦略を思いつき、この技術は「ファイルごとのパッチ(file-by-file patching)」と呼ばれています。アプリケーションサイズを65%までに縮小するように見えますが、一部のアプリケーションは、90%近くにもなります。アルファベットは、この新技術により、少なくとも一日あたり6ペタバイトのデータを保存したと主張しています。この新技術にはいくつかの欠点があり、そのうちの一つは、自動更新オプションが有効で、バックグラウンドで更新が行われる場合に、機能します。

ファイルの変更を入手することにより、ファイルごとのパッチ適用は確実に、Androidのアップデートプロセスを改善するでしょう。ファイルは圧縮解除され、変更は旧ファイルと新ファイルの間で検出されます。自動更新に限定されているため、この機能は利用できません。

検索エンジンの巨人は、カードスワイプのようなパターンでユーザーに情報を提示するのに、何年も前から約束し続けています。「Google Now」は置き換えら、2つに分割されていて、右側は「予定」、左側は「フィード」と表示されています。「フィード」は、ユーザーが作成し、おそらく興味がありそうな検索に基づいてフィルタリングされたニュースになります。Android向けのこの新しいホーム画面機能は、アメリカとその他の国々で利用可能で、すぐにiOS向けにも公開されるでしょう。

ニュースフィードは、アプリケーションに新しいカードが表示され、ユーザーは興味のあるニュースをより見つけやすくなります。ソーシャルページの代わりにユーザーの検索履歴に応じて、更新に関するニュースが表示されます。

グーグルのこれらの機能は、迅速な更新を提供し、ユーザーデータを最小限に消費し、興味があるニュースの最新情報を得ることができるような、Androidのユーザーエクスペリエンスを強化します。したがって、ユーザーは更新し続けるために、サードパーティ製のニュースアプリケーションをダウンロードする必要がなくなります。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ダンキン・ブランズ・グループ   Central Fund of Canada Limited   モリーナ・ヘルスケア   シェイク・シャック   アルファベット   アーバン・アウトフィッターズ   ビステオン   ハイクラッシュパートナーズ   アマゾン.com   アリババ・グループ・ホールディング   バンガードS&P500バリューETF   ウォバシュ・ナショナル   ICICI銀行   ユナイテッドレンタルズ   サンオコ   バンク・オブ・アメリカ   リバティ・ライラック・グループ   iシェアーズ・MSCI・ターキー・インベスタブル・マーケット・インデックス・ファンド   カードトロニックス   テスラモーターズ   ボックス  

このニュースの関連企業・銘柄

アルファベット<GOOG>
アルファベット<GOOGL>

リアルタイム・検索ランキング