アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アルファベット(GOOGL)の次世代「リキャプチャ・アルゴリズム」試験で、ティック・ボックスが不要

日本時間: 2016年12月7日 7時23分 公開

既存のキャプチャを合理化するために、ハイテクの巨人は「リキャプチャ・アルゴリズム」という、新たなキャプチャ・アルゴリズムを導入しました。

アルファベット(NASDAQ:GOOGL)は、コンピュータ・ボットと実際の訪問者を区別するためのウェブサイト向けの新規リキャプチャ(ReCaptcha)・アルゴリズムを試験すると報告されています。次世代アルゴリズムシステムは、インビジブ・リキャプチャ(Invisible ReCaptcha)と呼ばれています。

もっとも基本的なキャプチャ(Captcha)・システムは、コンピュータと人間を区別する完全に自動化された公開チューリングテスト(Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart)の略語です。さらに先のサービスへアクセスするために、画面上の混乱した文字列(時にはあまり明確でないグラフィック)を判別し、それらをフィールドに入力することを要求されるウェブユーザーにとって、もっとも迷惑なことであるうちの一つでした。その代わりに、マウンテン・ビューはユーザーに対してボックスにチェックマークを付けるだけを要求する基準を提言した際、簡単な追加に切り替えることは、まだいくつか気になる点はありますが、進歩的なものでした。

ティックボックス法は、コンピュータ・ボットか人によってチェックされたかどうかを調べるために、ポイントのタイミングとその動きを監視するために使用されています。けれども、リキャプチャによって物事をさらなる一段階へ引き上げることができる次世代技術の登場により、チェックボックスを入れる必要もありません。

これまでに、アルファベットはこの新しい、まだ発表されていないシステムがどのように機能するのかを明らかにしていません。しかしながら、推測されるように、それはおそらく、既存システムと同様の戦術で機能するだろうと言われています。既存システムは、実際のユーザーとコンピュータ・ボットを区別するために、行動データとポインタの動きを使用します。サービスの利用に関心のあるウェブサービスである、インビジブル・リキャプチャはここでサインアップできます。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

コンテナストアグループ   シグマ・デザイン   アルファベット   ヘンリー・シャイン   USバンコープ   iShares MSCI All Peru Capped   ハーバード・バイオサイエンス   トリンセオ   エビアット・ネットワークス   Woodward Inc.   シマンテック   アルファベット   マーカス   NextEra Energy Inc. Corporate Units   インシュレット・コーポレーション   インターナップ・ネットワーク・サービス   プロクターアンドギャンブル   ProShares UltraShort Semiconductors   コンチネンタル・リソーシズ   マゼラン・ヘルス   ワールプール  

このニュースの関連企業・銘柄

アルファベット<GOOG>
アルファベット<GOOGL>

リアルタイム・検索ランキング