アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アマゾン(AMZN)とウォルマート・ストアーズ(WMT)間、ライバル激化

日本時間: 2016年12月6日 21時59分 公開

アマゾン(NASDAQ:AMZN)と小売大手ウォルマート・ストアーズ間の競争は、激化しています。ウォルマートは、アマゾンによって支配された電子商取引領域への参入を決めました。その結果、アマゾンは、ウォルマートがけん引していた小売領域への参入を決めました。

これらの企業のどちらも、それぞれの領域で他の企業を打ち負かそうとしています。ブラックフライデーの販売台数は、どちらもさまざまな取引やプロモーションを導入したため、いずれの競合他社にも印象を与えました。電子商取引分野を促進するために、ウォルマート(NYSE:WMT)は、自店舗での買い物ではなく、オンラインポータルの使用を小売顧客に促しました。アマゾンは、ブリック・アンド・モルタルタイプの店舗に取り組みました。すでに、アマゾンは、レジも支払カウンターもない、新しい小売ショッピングの方法である、アマゾン・ゴー(Amazon Go)を発表しました。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、電子商取引の巨人は、3つの異なる店舗フォーマットを検討しており、アマゾン・ゴーはその一つです。その他2つの店舗フォーマットは、ゴー・ストアよりもさらに大きいものになるでしょう。アマゾンは、2,000件のブリック・アンド・モルタルスタイルの店舗をオープンする予定です。小売店舗の追加は、プロジェクトコモの一歩で、より多くの食料雑貨品の販売を獲得し、小売り面積を増やすための、アマゾンの計画でもあります。

このような戦略のおかげで、電子商取引の巨人は、オンラインストアの領域に参入しているライバルのウォルマートとターゲットからの脅威に対抗しています。どちらの小売企業は、1,000以上の店舗におけるピックアップ・カーブサイドとともに、オンラインでサービスを提供しています。

ウォルマートは、その存在をより顕著にし、アマゾンと競合するために、電子商取引分野で奮闘してきています。ウォルマートは今後、Amazonの小売店と競争するための新しい戦略を策定するかもしれません。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ロッキード・マーティン   フェイスブック   セルジーン   アルファベット   メディシノバ   ビザ   テスラモーターズ   エヌビディアコーポレーション   アカマイ・テクノロジーズ   アップル   テクニカル・コミュニケーションズ   バリック・ゴールド   ニューモント・マイニング   デル   ペイパル・ホールディングス   ツイッター   セントラル・パシフィック・ファイナンシャル   パーク・エレクトロケミカル   Acorn Energy Inc   モービルアイ   ゴー・プロ  

このニュースの関連企業・銘柄

ウォルマート・ストアーズ<WMT>
アマゾン.com<AMZN>

リアルタイム・検索ランキング