アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

インテル(INTC)とアマゾン(AMZN)の提携により、2017年は「スマート」な年になる

日本時間: 2016年12月4日 3時57分 公開

人気のあるBluetoothスピーカー、エコー(Echo)デバイスの成功に続き、アマゾン(NASDAQ:AMZN)は、インテルと提携し、開発者がアレクサ(Alexa)デバイスを構築するのを手助けしています。小売大手は、仮想アシスタント・アレクサの使用をさらに強化するため、スマートホーム業界におけるインテルの関心を高めたいという計画を、アマゾン・ウェブ・サービスの年間会議で明らかにしました。

2014年のエコーの出現で、アマゾンは市場におけるBluetoothスピーカーの大きな可能性を発見しました。アレクサ搭載デバイスの成功のおかげで、エコーの成功を利用し、もっとも重要な「柱」の一つとして機能することを主張します。このため、小売業の巨人は、流行を続けるために毎年革新的な計画を作り続けていることは、驚くものではありません。

我々は、エコーとアレクサのもっともユニークなことは、「アレクサ・スキル・キット」機能であると信じています。その機能のおかげで、ユーザーは日々の活動の手助けになる約3,200のスキルにアクセスできます。スピーカーはセンタースマートホームコントローラとして動作するので、アマゾンはサードパーティのサービスをデバイスに統合することを確かなものにしました。ユーザーは、ピザの注文から、子どものために医学的なフィードバックを得ることまで、さまざまなアクションを実行できます。

インテルは、スマートホームハブ向けに、アレクサのサポートを追加する予定です。その後、アレクサのサポートを組み込むことができる、今後のデバイス向けにリファレンスデザインを共同で展開しようとしています。このデザインは、2017年の第1四半期のある時点で、利用可能になります。

アレクサのマーケティングマネージャー、Ted Karczewski氏は、このように述べました。「音声を中心インターフェースとして、顧客は毎日何百もの作業を管理するための、より自然な方法を持っています。」

仮想アシスタントの使用傾向はすでに急速に高まっていることと、Googleのホームスピーカーの立ち上げを考慮すると、我々は、これらの計画が市場を動かすための大きな可能性を秘めていることを信じています。アマゾンやインテルのような大手企業が集結し、スマートフォンのトレンドをさらに強化することにより、2017年がより多くのスマートスピーカーの到来になる時期というのは、非常に高い確率であり、アレクサがそれらを一緒に伴ってやってくるのでしょう!

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

イミューン・ファーマシューティカルズ   セルジーン   CSR Plc   ゴー・プロ   アリババ・グループ・ホールディング   ブルーロック・レジデンシャル・グロースREIT   グローバル・セルフ・ストレージ   Columbia Sustainable International Equity Income   UBS AG Exchange Traded Access Securities   BioLife Solutions Inc.   Concurrent Computer Corporation   マイクロチップ・テクノロジー   エヌビディアコーポレーション   コーニング   ProShares Ultra MSCI EAFE   Titan Machinery Inc.   サバーバン・プロパン・パートナーズ   アボット・ラボラトリーズ   ウェージワークス   オーキッド・アイランド・キャピタル   イレブン・バイオセラピューティクス  

このニュースの関連企業・銘柄

アマゾン.com<AMZN>
インテル<INTC>

リアルタイム・検索ランキング