アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル(AAPL)、ドローンと屋内データを統合して大幅に地図を改善

日本時間: 2016年12月3日 3時12分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)が2012年にMapsアプリを発売してから、新しく便利な機能を組み込むことでアプリケーションを一貫して改善する使命を果たしてきています。

そのミニバン艦隊のおかげで、アップルはMapsアプリケーションの機能を向上させることに成功しています。しかしながら、アップルのMapsアプリは、Googleマップで提供される機能には及びません。このため、クパチーノを拠点とするハイテク企業が、アプリケーションの有用性を向上させるために、異なるルートを取っています。

ブルームバーグからの新しい報告によると、アップルはMapsアプリケーションの更新のために、ドローンで捉えられた映像を組込む予定です。これにより、道路標識変更や道路状況、工事情報、車載カメラでは簡単にアクセスできないその他関連情報と言った、新鮮なデータを使用してMapsアプリにフィードを提供できます。

興味深いことに、アップルははすでに連邦航空局に対して、ドローンを商業目的で使用する許可を申請しています。知らない人のために、商業目的のためのドローンの使用は、アメリカの多くの地域で厳重に禁止されています。このことにより、昨年秋から、アップルがそのような許可を申請しました。また、連邦航空局は、商業用無人機の使用に関する新しいガイドラインを発表しました。しかしながら、これらのガイドラインは厳密に、建物や無防備な人々の上を飛ぶ商業用ドローンを使用する企業に対するものです。

さらに、アップルは、iPhoneユーザーにとって、博物館や空港などのように、大きくて込み入った建物周辺の道案内が容易になるよう、屋内マッピングの改善のために、このドローン撮影の映像を使用しようとしています。ハイテクの巨人企業のMapsアプリケーションの新機能は、2015年にアップルが買収したIndoor.ioの屋内マッピングスタートアップのおかげです。

したがって、この戦略は、Googleマップのようなものと競争しやすくなるために必要な、すべてのツールを確実に提供しています。アップルの今後のプロジェクトについて、より多くのニュースと更新情報に期待しましょう。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

シティグループ   ボーダフォン・グループ   Boulder Total Return Fund Inc.   コンヂョン   MDCホールディングス   グレート・プレインズ・エナジー   ゴル・リンハス・アエレアス・インテリジェンテス   イーライリリー・アンド・カンパニー   ベスト・バイ   バンク・オブ・アメリカ   アリババ・グループ・ホールディング   ボーイング   ドイチェ・ハイ・インカム・オポチュニティ・ファンド   テスラモーターズ   ICICI銀行   アメルコ   アメリカン・エキスプレス   メディシノバ   バラード・パワー・システムズ   アルファベット   MaxPoint Interactive Inc.  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング