アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル(AAPL)iOS 10のバグ、バッテリー残量30%でiPhoneをシャットダウン

日本時間: 2016年11月29日 21時19分 公開

10月下旬、アップル(NASDAQ:AAPL)は、最新のファームウェアiOS 10.1.1を公開しました。それ以来、多くのアップル・ユーザーが、携帯電話のバッテリーが通常よりも急速に消耗する原因となるバグについて不平を言っています。

アップルの最新のファームウェアリリース以降、影響を受けやすい問題がゆえに、iOS 10は頻繁に話題になっていました。9月に一般公開されて以来、ファームウェアはさまざまなバグに対して免疫ができていないことに注意しましょう。

数週間で、ファームウェアのリリースに伴い、様々なiPhoneの所有者が最新のiOSアップデートに悩まされています。その苦情は、携帯電話のバッテリーが通常の状況よりも早くに寿命が縮むという事実です。問題のポイントは、ユーザーがiOS 10.1.1にアップデートした後、電池インジケーターが30%の残量を示しているのにもかかわらず、多数のApple製品があたかも完全に空であるかのようにシャットダウンしてしまうということです。プラグに差し戻すと、電話機はすぐに、30%のマークに示し戻します。奇妙な、ええ?

報告されているように、ユーザーはまた、最新のiOSアップデートはバッテリーの急速な消耗を引き起こしていると主張し、アップルのバッテリー使用容量は、消耗したバッテリー残量を誤って計算し、電池寿命の残りを示しているとも主張しました。バッテリーの消費問題の状況は、異なるようです。数多くの不満は、シャットダウンポイントが30%を少し上回るか下回るかもしれないという事実を提起しています。iPhone 5とiPhone 6、iPhone 6s、iPhone 6s Plusを持っているユーザーは、それらのデバイスで、バッテリー問題に直面しています。

iOSアップデートの苦情に関しては、私たちはよく聞くものであるということに留意してください。クパチーノを拠点とする巨人が大幅に取り組んできた、ファームウェアに関するこのような問題に対して、多数の報告がありました。アップルはつねに、ユーザーに対して最高の製品を提供すると信じていて、iOSアップデートは「試行錯誤」方法論です。ユーザーからのフィードバックにより、The Country Callerは、バッテリー消費を解決するための修正案が、じきに出てくると予想しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

セルジーン   コーニンクレッカ・フィリップス・NV   アイパス・S&P500VIX中期先物ETN   レイオニア   アクティブ・パワー   ドイツ銀行   バンガード・S&P 500 ETF   ブルックフィールド・アセット・マネジメント   テスラモーターズ   コーニング   プルデンシャル   フェイスブック   ギガトロニクス   Western Asset Investment Grade Defined Opportunity Trust Inc.   チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ   アイ・ビー・エム   フィットビット   キャップストーン・タービン   アクセレレート・ダイアグノスティックス   ファイザー   バンコ・ブラデスコ  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング