アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ・モーターズ(TSLA)Powerwall 2、オーストラリアで6年~9年の償還期間を有する

日本時間: 2016年11月28日 21時34分 公開

テスラ・モーターズ(NASDAQ:TSLA)の第2世代住宅用ストレージシステムPowerwall 2の発売から1か月経過し、とくに、オーストラリアではすでに大きな牽引力を発揮しています。新しい電池パックは国内のグリッドとの競争力があるだけでなく、計算可能な回収期間も有します。

オーストラリアン・フィナンシャル・レビュー(AFR)の報告では、蓄電池の専門家Michael Vostermans氏は、2015年後半にオーストラリアで発売されたときの、Powerwall 1の電池パックをいくつか持っているとのことです。しかしながら、6.4kWhの電池は、ニューサウスウェールズ州リダルメアに住む3人家族のエネルギー消費の半分をほとんど達成できませんでした。

さらに、彼は初期投資の相殺に、保証期間の2倍を超える、少なくとも18年以上かかるだろうと計算しました。したがって、電池パックの購入にはあまり意味がありませんでした。

それ以来、内臓インバータと14kWhの2倍以上の保存容量を有するPowerwall 2を、ハードウェアのインストールとサポートを含みオー10,150オーストラリアドル(7,600ドル)で発表しました。

Vorstermans氏によると、この技術はゲームチェンジャーとして知られており、投資回収期間を6年から9年の範囲に短縮したとのことです。彼は、4kWの太陽電池パネルによって生成された電気を蓄えるためにPowerwall 2を注文しました。それは、2017年2月の配達予定です。

彼はAFRに、このように話しました。「私は前もって、太陽光発電を6~9年の間に購入しています。それが私の見方、つまり、抜け出すものだからです。」

もう一人のエネルギー専門家Bruce Mountain氏は、Powerwall 2は地元ライバルのAGLエナジーとエナジー・オーストラリア、オリジン・エネルギー、レッドフローからの「ファビュラス・ランチ」を終わらせると信じています。彼は、新製品の「驚異的な」進歩により、オーストラリア人はすべての割引電力をグリッドから撃退することができると信じています。

レッドフローのCEO、Simon Hackett氏はブログ記事で、テスラのPowerwall 2.0は、エネルギーストレージ業界で「Apple対Android」の瞬間を作り出し、それにより、同輩たちを、システム全体のコストを低下する内臓インバータを追加するように
向かわせます。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

デボン・エナジー   ニュアンス・コミュニケーションズ   フォーティブ   フェイスブック   テスラモーターズ   Micrel Inc.   アルファベット   ゴールドマン・サックス   オゥリコゴールド   エア・トランスポート・サービシズ・グループ   アマゾン.com   ニューモント・マイニング   ペイパルホール・ディングス   First Hawaiian Inc.   エア・リース   アップル   パッカー   ウォルマート・ストアーズ   トランスオーシャン   VanEck Vectors AMT-Free Short Municipal Index   ジョンソン・エンド・ジョンソン  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング