アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アマゾン(AMZN)、アジアにおいてアリババ・グループ・ホールディングス(BABA)に取って代われるか?

日本時間: 2016年11月28日 22時25分 公開

アマゾン(NASDAQ:AMZN)が、アジアにおけるアリババ・グループ・ホールディングス(NYSE:BABA)の市場シェアを獲得する見込みである賭けは高いです。おそらく、競合はアマゾン対ウォルマート・ストアーズ(NYSE:WMT)から移行しているようです。業界の専門家が信じることは、アメリカの電子商取引と中国の巨人との戦いは10年もの長い間に伸びるかもしれないし、数年後には東南アジアで競争が盛んになるだろうということです。

インドとインドネシア、中国はアジア諸国の中で、アマゾンとアリババから大きな注目を集めています。インドでは、フリップカートやスナップディールなどの電子商小売業者は、インドに30億ドルを投入し、その後、インドネシアに6億ドルの投資を移行するアマゾンからの競争の勢いに直面しています。アマゾンのCEO、Jeff Bezos氏はインドとインドネシアの市場の同時征服を目指しています。アマゾンは慎重に戦いを選んでいるようですが、シンガポールへの参入を目指しています。

インドのフリップカートは、アマゾンとの競争のために投資を増やしました。しかしながら、それはフリップカートにとって不利になりました。インドの電子商取引事業の損失は、110%までに増加しました。

アマゾンはアジア大陸の市場いくつかを混乱させていますが、アリババもまた時間を無駄にしていません。アリババのCEO、Jack Ma氏は、電子商取引空間のロケット・インターネット・ラザダで多額の出費を得るために、10億ドルを支払いました。さらに、アリババの財務部門であるアント・ファイナンシャルもまた、東南アジアの金融投資へ幅を広げています。

二大巨頭が大惨事に陥っている一方で、顧客には有利な側面をもたらす可能性があります。アマゾンとアリババが顧客への提供のために多くの金額を費やしてきたと同時に、中小企業に対してはその生活を困難にさせています。フリップマートはすでに評価を下げていて、それが二大巨頭に対して、中小企業がどれほどの準備ができていないかという証拠となっています。また、ウォルマートは、オンライン部門に対処し、アマゾンと競合するために、多くのことをしています。2015年は、情報技術に対して100億ドル以上を費やしました。けれども、残念ながら、そのことはウォルマートにとって、十分ではありませんでした。なぜならば、ブリック・アンド・モルタル事業の業績が低迷し、オンライン部門の市場シェアがアマゾンによって獲得されたからです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ラム・リサーチ・コーポレーション   アップル   シティグループ   ファイザー   エヌビディアコーポレーション   ゼネラル・エレクトリック   アルファベット   ザ・ハノーヴァー・インシュランス・グループ   フィニサー・コーポレーション   テスラモーターズ   フリーポート・マクモラン   アマゾン.com   セールスフォース・ドットコム   Ossen Innovation Co. Ltd.   ゼネラルモーターズ   レッドハット   トリニティ・インダストリーズ   アサーシス   Public Storage Depositary Shares each representing 1/1000 of a 5.875% Cumulative Preferred SBI Series A   Elephant Talk Communication Corp. Delaware   アルファベット  

このニュースの関連企業・銘柄

アリババ・グループ・ホールディング<BABA>
アマゾン.com<AMZN>

リアルタイム・検索ランキング