アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

トヨタ自動車、開発でテスラ・モーターズに挑戦可能か?

日本時間: 2016年11月26日 0時24分 公開

日本の競争相手であるトヨタ自動車(NYSE:TM)が挑み続けているにもかかわらず、パロアルトに拠点を置くEVメーカーのテスラ・モーターズ(NASDAQ:TSLA)は、電気自動車の分野では未曾有の可能性があります。リチウムイオン電池は巡航航続距離を10%から15%へ増加させることができると主張したため、愛知県を拠点とするトヨタ自動車は、EVバッテリー技術の飛躍的進歩に達しました。

エンジニアの山重寿夫氏は、リチウムイオン粒子が電池効率に有害であると付け加えながら、調査結果を示しました。重要なことは、適切なインフラの不在と、充電ステーションの不足により、電気自動車はまだ十分でないことに注目することです。したがって、巡航航続距離は今後、顧客を誘惑する決定的な要因になるでしょう。

トヨタの安定した地位と豊富な研究を考えると、トヨタは創立12年のライバル企業に対して厳しい時を与えるかもしれないと言えそうです。つまり、イーロン・マスク氏の会社は改善の寸前であり、The Country Callerがこれまでに報道してきた記事で対応されてきた、いくつかの肯定的な進展がありました。

しかしながら、経済市場界隈には、ラグジュアリーEVメーカーに対して相反する意見があります。ベアードがソーラーシティの買収に対して肯定的であると個考える一方、いくつかの仲介業者が格付けを引き下げてきました。再生可能エネルギー企業はテスラにとって、ゼロ価値であると言い続け、世界的に著名な企業であるモルガン・スタンレーは、その見解について議論してきました。

それにもかかわらず、ムスク氏は自分自身の見解に固執し、投資家に対して、買収に自信を持って投じるように誘うことに成功しました。つまり、自動車メーカーの将来性について、まだ何も言い難いものです。しかし、もしトヨタ自動車がその業界における混乱を思いつくならば、280億ドル企業への反発になるかもしれません。The Country Callerは、電気自動車メーカーに対して、「ニュートラルな」姿勢を維持しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アプライド・マテリアルズ   エレクトロニック・データ・プロセッシング   シグナ   チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ   アルファベット   ブリストル・マイヤーズ・スクイブ   EGShares China Infrastructure ETF   Life Partners Holdings Inc   ペイパルホール・ディングス   レンテック   アリババ・グループ・ホールディング   アルファベット   ウィスダム・ツリー・ミッドキャップ・ディビデンド・ファンド   ツイッター   テスラモーターズ   Calamos Global Dynamic Income Fund   ゴーゴー   インテル   シェイク・シャック   プロシェアーズ・ウルトラ・MSCI・ジャパン   コーチ  

このニュースの関連企業・銘柄

トヨタ自動車<TM>
テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート