アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ・モーターズのロサンゼルス・ラスベガス間スーパーチャージャー、感謝祭前に一時休業

日本時間: 2016年11月24日 4時20分 公開

テスラ・モーターズ(NASDAQ:TSLA)のバーストー・スーパーチャージャーは、カリフォルニア州ロサンゼルスとネバダ州ラスベガスを結ぶ、重要な充電ポイントです。しかしながら、高速DC充電ステーションは、繁忙期の感謝祭の休日前に休みに入り、完全に無効になっています。

Electrek(TMC経由)の報道では、バーストウの充電場所は少なくとも土曜日以来ダウンしていて、PlugShareによると、木曜日の正午に稼動していたということです。自動車メーカーはこの問題を認識しており、スーパーチャージャーは来週までに再開される予定です。

充電ステーションの写真は、その被害はかなり広範であることと、知識と「商用グレード・ツール」へのアクセス権を有する誰かによる意図的な行為であることを示しています。充電スタンド用電源は、まるで犯人が攻撃する場所を正確に知っているかのように、体系的に切断されていました。

個別のボルト配電ボックス480個にある施錠ハンドルは壊されていて、各ストールへの供給電源である箱の中のカバーは、栓を外されていました。しかしながら、テスラ所有者の多くが旅行する感謝祭の休日前に、そのような妨害行為の動機に関する詳細はありません。

ロサンゼルスからラスベガスに行くのに役立つ可能性があるその他のスーパーチャージャーは、ビクトリア・ガーデンのランチ・クカモンガ・スーパーチャージャーと、プリム・バレー・リゾート・アンド・カジノのプリム・スーパーチャージャーです。Googleマップによると、テスラの所有者がインターステート15号線(I-15号線)から出る場合、2つの充電ポイントは183マイル離れています。このことは、完全充電されたバッテリーを備えたModel S60でさえも、2つのポイント移動することができるということを指します。

バーストー・スーパーチャージャーは、2012年に建設され、2つの人気都市の間の移動のみに使用されていました。その故障により、ランチョ・クカモンガとプリムの充電ステーションは、感謝祭の休日の週末に、広く使用されることになるでしょう。したがって、所有者は両方のスーパーチャージャーでの大渋滞を考える必要があります。興味深いことに、ルート上にそれほど多くの目的地充電場所がないため、旅行者に対していくつかの助けを提供することができます。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

Star Gas Partners L.P.   ユニット・コーポレーション   Teucrium Wheat Fund ETV   イートン・バンス・タックスアドバンテージ・グローバル・デバイド   バンク・オブ・アメリカ   セージ・セラピューティクス   サン・ファン・ベイスン・ロイヤリティー・トラスト   iシェアーズ・MSCI・ポーランド・キャップドETF   Shiloh Industries Inc.   アマゾン.com   アレキサンダーズ   アルファベット   ソーラーウィンズ   スターバックス   ヘミスフェリックス・バイオファーマ(   China Pharma Holdings Inc.   ハイコ   ロイズTSBグループ   SPIエナジー   Deutsche X-trackers Investment Grade Bond - Interest Rate Hedged   モンペリエ・リ・ホールディングス  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング