アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

MITエイジラボによる、運転者相互作用に関するテスラ・モーターズのオートパイロット研究

日本時間: 2016年11月23日 1時38分 公開

今年のはじめに、MITエイジラボはオートパイロットとの運転者相互作用に基づく研究に参加するテスラ・モーターズ(NASDAQ:TSLA)の所有者を募集していました。この研究は、自動運転支援機能は人間の運転よりも安全であることを示すねらいがあります。

Electrek(TMC経由)は、週末に発表された、進行中の研究の詳細に関して報告しました。MITエイジラボのポスドクアソシエイト、レックス・フリードマン(Lex Fridman)氏は、システムとの相互作用を調べるために、オートパイロット搭載のテスラ車内に、運転手と対向したカメラとスクリーンを置くことによって、研究を実施しました。

カメラは、運転手の視線と、オートパイロットの作動検出を含む中央タッチスクリーンやステアリングホイールの記録を検出できます。報道によると、グループは、画像処理システムを介して全カメラのフィードを同期させることにより、運転者を監視する必要なく、イベントを記録することができました。

MITエイジラボは、9台のテスラ車を使用して、30,000マイル以上で1,000時間のデータを収集してきました。発表中、フリードマン氏は、テスラが保有するよりも多くのデータを使用することで、オートパイロットは人間の運転よりも安全であるという、テスラの主張を支持する考えがあると述べました。

これまで、調査チームは、オートパイロットでの交通致死率は、2015年10月以降1億3000マイルで1件であることを発見してきました。これは、手動走行では2014年10月以降、9,000マイルに対して1件の交通致死率と比べられます。なぜ手動運転で事故が頻繁に起こるのかということを理解する一方、グループでは依然として、なぜオートパイロットでの死亡率が低いかを理解する必要があります。したがって、実際の半自動的な運転データを多く必要とします。

フリードマン氏率いるチームは、この研究に参加するテスラ所有者に対して、年間1,000ドルを提供し、研究の拡大とデータの収集の開始に努力をしています。彼は、運転手が監視されていることを知らされていることによって、データは影響されていないことに言及しました。

研究チームは、テスラから研究に関して連絡を受け、車内にいる運転手の方向に向けたカメラを追加することとともに、テスラがその研究に参加することを望んでいます。ここに、ビデオ形式での発表があります:

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

YPF   ブルックフィールド・アセット・マネジメント   ミドルバイ   チャイナ・モバイル・ゲームス・アンド・エンターテイメント   キャピトル・フェデラル・ファイナンシャル   ニュースキン   アルファベット   メタ・フィナンシャル・グループ   iシェアーズ・MSCI・EAFE・グロースETF   マイクロネット・エナーテック・テクノロジーズ   USG   ヴェオリア・エンバイロメント   マッコーリー・インフラストラクチャー   シュティーフェル・ファイナンシャル   マグロー・ヒル・ファイナンシャル   トタル   メイデン・ホールディングス   WisdomTree U.S. Quality Dividend Growth Fund   エヌビディアコーポレーション   SPDR・S&P・500・ETF   モホーク・インダストリーズ  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング