アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ・モーターズ、インド最大のコンテナ港に工場を建設

日本時間: 2016年11月21日 22時30分 公開

2015年9月、カリフォルニア州フリーモントにあるテスラ・モーターズ(NASDAQ:TSLA)の工場に、インド首相ナレンドラ・モデイ氏が訪問したと広く報道された後、自動車メーカーがついにインドで車両を製造するだろうという多くの推測がありました。インド政府関係者・企業は、モディ首相の「メイク・イン・インディア」イニシアチブの下で、テスラを誘致しようと努力しています。

ヒンズー・ビジネスラインの報告によると、スペシャル・エコノミック・ゾーン(SEZ)は国内最大のコンテナ港ジャワハーラル・ネルー・ポート(JNPN)内の新規プロジェクトで製造工場を設立するようにテスラに接近する計画を立てているということです。SEZの最高経営責任者のS.シッターラス氏は、サイトの戦略的な場所は、自動車メーカーに対して理想のものを提供すると述べています。

彼は、JNPTでのSEZには戦略的に列車と道路、海洋接続性を備えていると強調します。経営陣は、雇用・売上高を生成するSEZへの投資に対して「良好なトップラインの成長と資本集約的な製造ライン」を持つ潜在的な企業を探しています。

テスラとは別に、ヒュンダイとその子会社に対しても、近郊へ施設を開設するように近づいています。SEZの経営陣は、カナダと中国、日本、韓国、台湾、米国の大企業を誘致するよう努めています。

インドの運輸大臣ニティン・ガドカリ氏の報告によると、7月15日にフリーモント工場訪問の後、インドの主要港近くに生産工場の土地を提供するとのことです。彼はまた、テスラの関係者に対して、アジアの製造拠点として、すでにインドでの予約が開始されているModel 3のための最良市場であるインドを選ぶようにも提案しました。

モディ首相の提案を感謝しながら、テスラの上級幹部は、コンパクトセダンの生産を増加した後に、将来そのことを実際に検討するだろうと述べました。自動車メーカーはすでに、中国初の生産拠点を開設するために中国関係者と協力しているとすれば、そのコメントは興味深いものです。モディ首相の訪問中に、テスラのCEOイーロン・マスク氏は、インドでリチウム電池を生産するギガファクトリーの可能性を示唆しました。彼は、ヨーロッパに複数の製造施設の存在の可能性に言及しました。したがって、アジア太平洋地域でも同様のことが想定されます。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

サイノペック・シャンハイ・ペトロケミカル   アリババ・グループ・ホールディング   新韓フィナンシャル・グループ   インターコンチネンタル・エクスチェンジ   パークオハイオホールディングス   ASMLホールディング   エヌビディアコーポレーション   First Trust Total US Market AlphaDEX ETF   ネイチャーズ・サンシャイン・プロダクツ   アマゾン.com   アルファベット   イルミナ   シナジー・ファーマシューティカルズ   TCWストラテジック・インカム・ファンド   Peak Resorts Inc.   ユナイテッドレンタルズ   アップル   サンガモ・バイオサイエンス   ノキア   マーフィー・USA   ペイパルホール・ディングス  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング