アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アマゾン、2017年に保護者への現金払い戻しを行う

日本時間: 2016年11月13日 21時52分 公開

Amazon.com(NASDAQ:AMZN)は、子どもがKindleとAndroidデバイス内アプリで購入したことを忘れていた保護者に対して、現金払い戻しを行う予定です。BBCは、次のように報告しています。小売り大手は、2011年から2014年の間に、アプリ内で購入した子どもの保護者に対して、2017年1月からkの手続きを実行するように命じられました。

裁判官John Coughenour氏は、2016年4月にアマゾンの嘆願を否定する決定をしました。ギフトカードを通じた払い戻しを提案しましたが、モバイルアプリを通じた特定コンテンツの購入をするためのアマゾンの決定は、モバイルアプリには多少の逆効果があるようです。

アマゾンは過去数年間で、その製品や主力を盛り上げようと努力するのにますます活発になっているので、多くの保護者が子供たちが誤って、あるいは意図的にモバイルアプリやゲームを通じて余分なコンテンツを購入したことに気付いた後に、困惑しています。

これらの購入が同意なしに行われたことを考慮すれば、親市場の大半がこれらの支払いを拒否することは、驚くことではありません。KindleとAndroidアプリは、子どもにとって理想的なベビーシッターだと思われていて、保護者はついに子どもがこれらの技術に触れることに際するマイナス面を見出しました。

電子商取引の巨人が、問題の渦中にいます。小売大手は、そのような問題が将来発生することを避けるために、大人が各アプリ内購入の許可を確実にするための方法を調べる必要があります。アマゾンの人気は年々増加しているため、親がアプリサービスで子どもの活動を監視することができ、必要に応じて履歴も追跡する権限があるセキュリティシステムを持つことは、不可欠です。

しかしながら、2014年に、保護者統制機能を使用し、保護者がアプリ内購入を無効にする機能が、オプション付きで展開されたことを考慮すると、これが実現されるためのわずかな可能性しかありません。

アマゾンが注目されているかもしれないが、その他の企業も同様の苦情を受けているようです。iPhoneメーカー、アップルもまた、App Storeで起こっている同様の状況により、混乱した保護者からひどく批判されました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

レッド・ロビン・グルメ・バーガー   メドトロニック   ACIワールドワイド   アルファベット   Guggenheim BulletShares 2019 Corporate Bond   ノキア   オン・セミコンダクター   マイクロソフト   グラクソ・スミスクライン   アルベマール・コーポレーション   サンコー・エナジー   アップル   インターパブリック・グループ   イリノイ・ツール・ワークス   ウィズダムツリー・インディア・アーニングス・ファンド   ネットアップ   アマゾン.com   レイセオン   TALインターナショナル・グループ   ペイパルホール・ディングス   アフラック  

このニュースの関連企業・銘柄

アマゾン.com<AMZN>

リアルタイム・検索ランキング