アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ・モーター自動運転ハードウェアは5年先、2017年に導入予定:エヌビディア

日本時間: 2016年11月12日 0時46分 公開

エヌビディア(NADSAQ:NVDA)は、木曜日の市場閉会後に、市場の機体を上回り、史上最高値までに株価を引き上げた、2017年会計年度第3四半期を報告しました。Electrekによると、アナリストは、テスラ・モーターズ(NASDAQ:TSLA)が自動運転ハードウェア用のエヌビディア製チップを搭載した新型生産車を提供した後に、エヌビディアのCEO、Hen-Hsun Huang氏に対して、人工知能と自動車産業での最近の取り組みについて聞きたがっているとのことです。

Huang氏は、テスラの新型自動運転技術について、興味深いコメントをしました。それによると、AIを使用した完全自動運転のための必須ハードウェアを立ち上げたことにより、自動車メーカーは自動車産業を通じて衝撃を与えたとのことです。また、テスラの自動運転用ハードウェアについて、話を続けました。「基本的には、5年先のことです。2021年について話していることで、もはやスターターではないことです。」

彼は、このことがおそらく自動車産業における「最重要項目」であろうことを考えています。この10年の終わりまで、または次の10年の初めごろまでに、完全自動技術の導入に関して話をしていたすべての自動車メーカーとハイテク企業は、「非常に重要な意味での再評価」であると、Huang氏は補足しました。

エヌビディアのチーフは、自動運転時術には「検出の問題」がない代わりに、来年までの解決が期待される「AIコンピューティングの問題」があると考えています。また、彼はテスラ車で使用されるエヌビディアのチップの価格は「数千ドル」と述べました。

なぜ自動車メーカーが、新型自動運転システムのために、以前のチップメーカーであるモービルアイ(NYSE:MBLY)ではなく、エヌビディアのチップに変更したのかと尋ねられた際、経営陣は3つの理由を共有しました。第一に、以前にも述べられたように、自動運転はAIコンピューティングの問題であり、モービルアイに比べて、エヌビディアのGPUプラットフォームは、AIにとってより優れているからです。

第二に、その技術は、完全自動操縦サービス開発を可能にする、テスラのOTA(Over-The-Air)ソフトウェアアップデートでの拡張ができるものであると考えられるからです。第三に、「これまで唯一の実行可能な解決策」なりうるエヌビディアのDRIVE PX 2は、その技術に対して必要な性能とエネルギー効率を提供できます。彼は、次のように結論付けました。「テスラは、他の5年より先に世界へ、この能力を提供する大きな意志を有していました。我々は、彼らにとって素晴らしいパートナーです。」

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

シェブロン   バンク・オブ・アメリカ   プレミア・グローバル・サービス   First Trust BICK Index Fund   オムニケア   フェイスブック   オラクル   ケメット   ジローグループ   アップル   プルデンシャル・ファイナンシャル   ツイッター   アマゾン.com   ザイリンクス   Vanguard Russell 2000 Value ETF   インナーワーキングス   JPモルガン・チェース   ヌヴィーン・グローバル・エクイティ・インカム・ファンド   ウォルト・ディズニー   コカ・コーラ   バイオジェン・アイデック  

このニュースの関連企業・銘柄

モービルアイ<MBLY>
エヌビディアコーポレーション<NVDA>
テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート