アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ・モーターズ、ソーラーシティ、サプライヤーに対してフレモント工場近辺への移転を推奨

日本時間: 2016年11月12日 3時18分 公開

8月に、The Country Callerは、カリフォルニア州フリーモントにあるテスラの工場近くに移転するようにと他のサプライヤーを説得していたため、テスラ・モーターズ(NASDAQ:TSLA)がベイエリアでもっとも強力なエンジンとなることを報告しました。サンフランシスコ・ビジネス・タイムズの新規レポートによると、ソーラーシティ(NASDAQ:SCTY)との自動車メーカー組合も、サプライヤーをこの地域に送り込んでいます。

この出版物は、テスラのドイツでの自動車サプライヤー、SASオートメーション・システムズは、フレモント工場から5マイル未満のところにあり、ニューアークで142,188平方フィート土地を有するユーレカ・ランディングと呼ばれる工業団地全体を先取りしていると報告しています。オーバートン・モーレ・プロパティーズは、39888ユーレカ・ドライブのプロパティを開発中です。それは、スティーブン・ポイント・テックパークの一部で、アップル(NASDAQ:AAPL)とユニ・ゲンをテナントとする110万平方フィートを有します。

ニューマーク・コンニッシュ・アンド・キャリーのエグゼクティブ・ディレクター、Steve Kapp氏は、SASオートメーション・システムが、インターステート880号線での、テスラのサプライヤーとしてこれまで最大のリースとなると主張します。彼は、「あなたが考えたことのないサプライヤーが、入居を考えている」として、テスラとソーラーシティーの差し迫った合併は、テナントからの関心が高まっていることを言及しました。

ユーレカ・ランディングは約200人の従業員を占有し、テスラ車用のダッシュボードサブアセンブリを構築する予定です。建物の建設は11月下旬に完了し、SASオートメーション・システムズは来年初めに入る予定です。

テスラは、フリーモント工場で530万フィートから990万フィートのオフィススペースと製造スペースになる、大規模な拡張を行っています。2018年の50万台生産計画には不可欠であるModel 3の発売前に、サプライヤーに対して、生産努力を促進するために、ベイエリアへの移転を推奨しています。

報告書によると、高品質な物件の需要はインターステート880界隈で継続的に増加しており、その地域の空室率は1.8%に過ぎないとのことです。Kapp氏はまた、ニューマーク・コンニッシュ・アンド・キャリーが、オーストラリアや台湾などの国々から、「国際ビジネスに関するより多くの要望」を受け取ったことを述べました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

フィリップモリス   スティキーン・エナジー   コストコ   アルファベット   チポレ・メキシカン・グリル   ヴェダンタ   Sify・テクノロジーズ   プロシェアーズ・ショートVIX短期先物ETF   General Finance Corporation Senior Notes due 2021   アップル   プーマ・バイオテクノロジー   パンドラ・メディア   ミートミー   スクエア   メディカル・プロパティ・トラスト   ビザ   CSX   ファイザー   オン・セミコンダクター   アトラス・エナジー・グループ   バックアイ・パートナーズ  

このニュースの関連企業・銘柄

ソーラーシティ<SCTY>
テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート