アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

Amazon.com(AMZN)、英国のユーザー向けのプライムサービスで地元の特産品を注文後1時間で配達

日本時間: 2016年11月10日 2時44分 公開

Amazon.com(NASDAQ:AMZN)は、英国でのプライム加入者に向けて、良いニュースを持っています!Engadgetのからのレポートで、英国の加入者は、7000点の商品注文と、プラットフォームの1時間以内配達機能による受取の機会を利用できることが明らかになりました。午前8時から午後10時まで、そのサービスが有効になります。

巨大小売店によると、この動きは顧客に対して、家にいながら「ジョン・ベル・ダンド・クロイデンから贅沢な健康・福祉・美容製品を、スピリッテド・ワインから高級ワインを」便利に購入できる機会を与えることが期待されます。このような1時間以内配達機能は、プライム会員に現金負担がかかるかと思われますが、2時間配送オプションを選択した場合、アマゾンは配送料を含まないと思われます。

このような取り組みを通じて、アマゾンが、さらにより多くのプライムプラットフォームを拡張する可能性を秘めていると考えられます。これらのお得な情報と特典は、大きな広告拡充として機能し、まだプライムサービスに登録していない人たちの関心を誘発するでしょう。

電子商取引における専門知識のおかげで、巨大小売店は市場で繁栄し続けながら、英国でより多くの加入者を誘惑した試みは、実りになるかもしれません。他の国でプライムサービスを拡張し続けることを考慮すると、プライムのサブスクリプション・レートに関する、英国のユーザーから受け取った批判の後に、そのサービス提供が開始される可能性があります。インドと比較すると、インドは安価なプライムサブスクリプション料金における主要ハブとして動作し、すぐにプライムビデオを歓迎するだろうということが明らかになりました。

最上位の部門の一つとしてアマゾンプライムが機能するので、英国の地元店舗・商店は、プライムの大規模なユーザーベースを活用できます。これにより、iOSとAndroidユーザーは、すでに提供されている15,000製品のリストとは別に、追加の7000製品内での注文を、Amazonプライムのアプリを使ってできます。憶測もまた、オンライン小売業者がプライムユーザー向けに、ハウスクリーニングアシスタントのオプションを導入するという可能性を示唆しました。アマゾンがプライムサービスと提供の種類数を上昇し続けると、世界中でそのサービスがより人気にあるものになるのではないかと考えられます。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

Life Partners Holdings Inc   ペイパルホール・ディングス   レンテック   アリババ・グループ・ホールディング   アルファベット   ウィスダム・ツリー・ミッドキャップ・ディビデンド・ファンド   ツイッター   テスラモーターズ   Calamos Global Dynamic Income Fund   ゴーゴー   インテル   シェイク・シャック   プロシェアーズ・ウルトラ・MSCI・ジャパン   コーチ   First Trust Low Beta Income ETF   チャーター・コミュニケーションズ   マーシュ·アンド·マクレナン·カンパニーズ   アリスタ・ネットワークス   チュンファ・テレコム   ボイド・ゲーミング・コーポレーション   ザイリンクス  

このニュースの関連企業・銘柄

アマゾン.com<AMZN>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート