アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ・モーターズ(TSLA)、直接販売に関してユタ州最高裁判所で証言

日本時間: 2016年11月9日 3時4分 公開

8月に、The Country Callerは、テスラ・モーターズ(NASDAQ:TSLA)が今年、ユタ州最高裁判所で強力な圧力団体と州議員と戦いを続けていると伝えました。Fox 13によると、裁判手続の6か月以上後に、最高裁がテスラに対して、ユタ州内で顧客に直接車を販売することを許可するかどうかの決定を下します。

テスラは、これは、自動車メーカーがフランチャイズ販売代理店を経由せずに、顧客に自動車を販売することを禁止する州法に挑んできました。規制当局を説得し、ソルトレイクシティの店舗で300万ドルを費やした自動車メーカーの努力にもかかわらず、国家税務委員会は販売ライセンスの付与を拒否しました。ユタ自動車販売店協会から圧倒的反対は、テスラにとって主要な課題となっていました。

テスラ顧問弁護士トッド・マロン氏は、Fox 13に次のように語りました。「我々の立場では、完全に直接販売ができるはずです。まさに起業家にとっての場所でもあり、革新的でもあります。中国で販売でき、ユタ州でできないというのは、間違っています。」報告書によると、テスラの弁護士は、自動車販売のための子会社「テスラ・モーターズ・オブ・ユタ」の設立に関する、判事からの質問を受けています。

判事ディノ・ハイモナス氏は、テスラが「誰にでも独占販売権を付与することが論点である」というどころかむしろ、直接自社製品を販売すると述べる法律の基本的な目的について尋ねました。税手数料を示す州検事総長事務局は、州法により、顧客を保護するためにメーカーに対して直接販売を禁止し、下取りと資金調達オプションを介して競争力ある車両価格設定を可能にすると回答しました。

最高裁の5人の判事は、有効性と法律の主要目的、および明らかに直接販売を禁止するかどうかを判断したかったです。判事トーマス・リー氏は、自動車メーカーが顧客への直接販売を阻止するということが、州法には見当たりませんでした。

検事総長事務局が、法律によりメーカーの直接販売不可が明らかであると主張している一方、テスラは、法律が、自動車メーカーからの競争への直面から、販売代理店を保護するために確立されたものであり、全面禁止のためではないと述べました。判事クリスティン・ダーラム氏は審理中に、言いました税手数料と商業部門のどちらも「法令対して決定権」を持っていないが、「最終的には、この法廷にはある」と述べました。

テスラが訴訟の提起を決定した後に数か月の努力が無駄になったキム・コールマン議員は、裁判所の決定を待っている間、将来的に類似した議題に関する作業をする予定はないと言いました。ユタ州最高裁判所は、今後12か月間で最低を発表する見通しです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アルファベット   エベレスト・リ・グループ   ファイザー   ティアラボ   ギャップ   コーニング   レイノルズ・アメリカン   ペイパルホール・ディングス   アマゾン.com   インテュイティヴ・サージカル   iシェアーズ・NASDAQ・バイオテクノロジー   シェブロン   ナショナル・オイルウェル・バーコ   モービルアイ   レッドハット   ハネウェル・インターナショナル   ヴァーレ   エスティ・ローダー・カンパニーズ   マーケット・ベクトル・ブラジル小型株ETF   ロックウェル・オートメーション   Market Vectors® Latin America Sm-Cp ETF  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング