アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ・モーターズ(TSLA)、マレーシアでModel Sセダンの第一隊導入

日本時間: 2016年11月9日 2時9分 公開

9月に、The Country Callerの報告では、2015年にModel Sリースプログラムを開始した非営利団体グリーンテック・マレーシアの最高経営責任者(CEO)、アフマド・ハドリ・ハリス氏が、マレーシアでプレミアムセダンの第一隊を上陸させようすることを発表しました。Paultan.orgによると、新型テスラ車の納入が国内で開始されています。

報告書によると、10のModel Sは10月下旬までに顧客クリアランスを受け、最初の車は顧客に出荷され、2、3人の顧客は今週後半に新車の鍵を受け取ります。テスラに承認されたプログラムはもともと、公共団体と政治系企業、法人会員向けのものでした。しかしながら、グリーンエネルギープログラムに積極的に参加する民間企業と多国籍企業に拡張されました。

グリーンテックは、Model Sのリース提供をするために、接続ベンチャー・レンタカー企業、PRAC GTと称するインサック・パシフィック・レンタカーを形成しました。このことは、顧客が完全に購入できない場合に、車両を取得するための唯一の方法です。Model S70Dと90Dは、2年~4年のリース期間を通じて、提供されます。しかしながら、テスラは70kWh電池パックオプションを廃止しているので、75kWhのものに置き換えられている可能性があります。

マレーシアではModel S70Dを、2年間のリースで月額10,500マレーシア・リンギット(MYR)(2,500ドル)、3年リースで月額10,250MYR、4年リースで10,000MYRがかかります。Model S90は、12,500MYR(2年リース)、12,250MYR(3年リース)、12,000MYR(4年リース)がかかります。

興味深いことに、料金には年間保険料と年間10MYRの道路税、テスラのオンボードサービスへのアクセスができるM2M接続、サービス・メンテナンス料、ChargEV・Teslaチャージャーの使用が含まれます。顧客は、消費税と輸入関税向けの税免除が含まれる。リース・ツー・バイオプションを選べます。このために、顧客は、車両の仕様を決定し、車両向けの一時代金を支払います。しかしながら、顧客は所有権の転送の前に、少なくとも3年間の車両リースが必要となります。

Model S60とP100Dもまた、プログラムの一部になることが期待されています。2016年の初めに、マレーシア首相のダトゥク・スリ・ナジブ・タン・ラザク氏は、国内での電気自動車推進のために、政府が100のModel Sセダンの免税輸入を承認したことを発表しました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

オーガノボ・ホールディングス   プロクターアンドギャンブル   アイ・ビー・エム   バンガード・トータル・ストックETF   マイクロソフト   ファイザー   イツーラン・ロケーション・アンド・コントロール   アルファベット   アプライド・マテリアルズ   スパートン・コーポレーション   ペイパルホール・ディングス   Hanmi Financial Corporation   Blackrock Municipal 2018 Term Trust   バンガード・S&P 500 ETF   アリババ・グループ・ホールディング   3Dシステムズ   テスラモーターズ   チェサピーク・グラニット・ウォッシュ・トラスト   Horizons ETF Trust Korea Kospi 200 ETF   アマゾン.com   アルファベット  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング