アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ・モーターズ(TSLA)、I-10沿いのサン・アントニオ初店舗でのリース契約

日本時間: 2016年11月3日 4時9分 公開

The Country Callerの8月の報告によると、テスラ・モーターズ(NASDAQ:TSLA)は、テスラ初の直営店になるテキサス州サンアントニオにある、プロパティの長期リースに関して、不動産企業のコンコード・プロパティーズと交渉しています。火曜日に、自動車メーカーは市内のドミニオンの反対側、インターステート10(Interstate 10, I-10)沿いに位置する、最初の車両店舗のリースを締結しました。

火曜日のMySanAntonioの報告によると、テスラは10月に、23011ウエストI-10で新規ディーラーの建築のために、コンコード・プロパティーズとのリース契約をします。E-ウォッチと称する地元サイバーセキュリティハイテク企業の先駆者であり、以前本社として施設を使用していた、デビッド・モンローから、プロパティを取得した後に、次の段階へ進みました。

いくつかの場所とは別に、テスラは事実上、テキサス市街地にはありません。今後の店舗開店後に、自動車メーカーはおそらく、サンアントニオに高速DC充電ステーションを追加するでしょう。

テスラは、テキサス州内に7つの店舗と5つのサービスセンター、17のスーパーチャージャーステーション、116のデスティネーションチャージングを有します。

2か所での販売店開業に失敗した後、テスラは最終的に市内で第1号店を持つことで決心したようです。

2015年の初めに、テスラは遠く北東側に開店するために取り組んでいて、土地の再区分で市議会の青信号を得ていました。けれども、原因不明の理由で、店舗オープンの計画を断念しました。

そして、2015年夏より、ショッピングセンター、ザ・リム近くに位置する、I-10沿いの小売店出店計画を発表しました。しかしながら、サン・アントニオ・ゾーニング・コミッションは、EV電池がエドワーズ帯水層を汚染するおそれがあることを懸念しているため、テスラからの新規開店提案に対して、受け入れを拒否しました。新店舗の場所は、帯水層の涵養域ではありません。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

スクエア   アルファベット   シートリップ・インターナショナル   フーリハン・ローキー   オムニコム・グループ   マーケット・ベクトル石油サービスETF   Grupo Supervielle S.A. American Depositary Shares each Representing five Class B shares   Merrill Lynch Depositor Inc. PPLUS Cl A 6.7% Call TRUCs Series LTD-1 issued by L   アマゾン.com   ロッキード・マーティン   フェイスブック   セルジーン   メディシノバ   ビザ   テスラモーターズ   エヌビディアコーポレーション   アカマイ・テクノロジーズ   アップル   テクニカル・コミュニケーションズ   バリック・ゴールド   ニューモント・マイニング  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング