アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル(NASDAQ:AAPL)、アルファベット(NASDAQ:GOOGL)のAndroid携帯電話にiMessageの起動を計画中?

日本時間: 2016年10月28日 23時0分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)に関するうわさによると、アップルがアルファベット(NASDAQ:GOOGL)のGoogle Android版のiMessageの導入を計画しています。

このことは、iMessageのAndroid版を作成を気にしないという以前の信念に反しています。しかしながら、うわさではアップル内でそのモデルが横行していると言われています。また、純粋なマテリアルデサインスタイル、あるいはiOSで使用されているのと類似したスタイルで取り組んでいるとも言われています。以前の報告では、アップルがWWDC 2016のイベント中にiOSのAndroid版を発表するだろうと言われていましたが、その期待は具体化しませんでした。

この問題に関するレポートでは、iMessageが2016年末までにAndroidに導入されることが示唆されています。アップルはすでに、AndroidでApple Musicアプリを導入し、そのことはAndroidプラットフォーム向けiMessageアプリの考えは、こじつけとも言えないことを意味します。アップルが、Android上で動作するかどうかを確認するため、iPhoneのメッセージアプリの模型を使用していることが言われています。そのテストの目的は、iMessageがAndroid OS上でどのように稼働するかを決定することにあります。

「聞いたところによると、iOSのメッセージのようなものから、純粋なマテリアルデザインに至るまで、さまざまなUIスタイルで、Android用iMessageモックアップが社内で循環しています。」マックワールドのジョン・グルーバー氏は述べました。

今後のAndroid版のiMessageアプリに関するうわさにもかかわらず、アップルがその計画に沿って動くかどうか明らかにされていません。これまでのところ、何の確認もなく、アップルがどのようにその問題へ進むのかは時間だけが解決するでしょう。アップルは結局、iPhoneユーザーにアプリの排他性を維持することを決定するでしょう。iMessageを使用するiPhoneユーザーは10億人以上いて、機械学習を実行するためにアップルにとって十分な数のユーザーでもあります。AndroidにiMessageを導入することは、アップルに多くの利益を提供しないという議論もあります。

アップルの株価は、最新の取引セッションにおいて、114.48ドルで閉じました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

オクジフ・キャピタル・マネジメント・グループ   日本電信電話   アダプティミューン・セラピューティックス   IQ Enhanced Core Plus Bond U.S.   アルファベット   ウェスタン・リファイニング   コンパス・イーエムピー・ユーエス・イーキュー・インカム 100 エンハンスド・ヴォラティリティ・ウエィテッドファンド   モンスタービバレッジ   プロタゴニスト・セラピューティクス   フィットビット   コジェンティクス・メディカル   シュワブ・US・ブロード・マーケットETF   マーシュ·アンド·マクレナン·カンパニーズ   Hersha Hospitality Trust 6.50% Series D Cumulative Redeemable Preferred Shares of Beneficial Interest $0.01 par value per share   YRCワールドワイド   サンオコ   Chambers Street Properties   Engility Holdings Inc.   PMCシエラ   IAC・インタラクティブコープ   ナスダックOMX グループ  

このニュースの関連企業・銘柄

アルファベット<GOOG>
アルファベット<GOOGL>
アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング

間近によく検索されている銘柄ランキングです
ビザ