アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アルファベット:独立した自動走行車両事業を作成することは、役に立つか?

日本時間: 2016年10月27日 23時30分 公開

将来的な自動運転車両開発の目的とともに、グーグルの親会社、アルファベット(NASDAQ:GOOGL)は、ラボXから自動運転車両事業の分離を計画しています。分離された自動運転車両プロジェクトは、独立した事業として作られています。

WSJDLive2016テック・カンファレンスのインタビュー中に、ラボXのチーフ、アストロ・テラー氏が発表しました。彼はまた、このことは自動運転車両が商業的に操業するための大きな一歩前進であると詳述しました。

テラー氏はまた、自動走行車両プロジェクトの財政は、2016年1月1日にラボXとは別に設定されたと付け加え、その事業が独立するように企業・法的側面で取り組まれています。

自動運転車事業が分離され、アルファベットの下で操業されるため、収益の生成が始まることが期待されています。しかしながら、その利益が早い時期に獲得されるという必要はありません。インタビューの間、ラボXのチーフもまた、独立した自動走行車両プロジェクトにおけるビジネスモデルの開示を、拒否しました。

世界にわたり、自動運転車両の開発は急速に高まり、複数の自動車メーカーとハイテク巨人はその分野に参入し、挑戦を受け入れるようになりました。アメリカでは、自動走行車両の運転に対して意識を高められるように、ブルームバーグ・アスペン・イニシアティブ・オン・シティーズ・アンド・オートノモス・ビーンクルズというプログラムが開始されます。

はじめに、プログラムは、ナッシュビルとオースティン、ロサンゼルス、ブエノスアイレス(アルゼンチン)、パリ(フランス)の5都市で開始されます。これらの都市は、人々が前もって自動走行車両に備えるために、データにアクセスと、技術専門と都市計画からのコーチングを必要とします。自動車運転者は、自動走行車両を使用することができ、それらの都市での運転に備えることができます。

その計画が明確にされ、テラー氏はまた、アルファベットが数年をかけて、段階的に自動走行車両を打ち出すことと、技術向上も速やかに対処されることを述べました。そして、アルファベットは、良好な道路と通行管理、天候の都市の少ない範囲での商業規模で、車両の発表を選択するかもしれないと述べました。のちに、その車両は道路状況が困難で、気候の変動があるより多くの都市に導入されるでしょう。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

インターモレキュラー   インターペース・ダイアグノースティックス・グループ   マニトワック・カンパニー   マイクロン・テクノロジー   Monotype Imaging Holdings Inc.   アルファベット   ベライゾン・コミュニケーションズ   アプライド・マテリアルズ   エーティーアンドティー   トゥルーブルー   アマゾン.com   Concurrent Computer Corporation   ナショナル・グリッド   ゴー・プロ   ボーイング   アパッチ・コーポレーション   スクエア   フェイスブック   デューク·エナジー   ホライゾン・バンコープ   ラスベガスサンズ  

このニュースの関連企業・銘柄

アルファベット<GOOG>
アルファベット<GOOGL>

リアルタイム・検索ランキング