アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップルCEO、ティム・クック氏に対する3つの質問

日本時間: 2016年10月26日 1時7分 公開

10月25日、市場終了直後にアップル(NASDAQ:AAPL)は、2016年の第4四半期アップデートを共有します。投資家は、間違いなく四半期業績に細心の注意を払うだろうが、決算発表後の質疑応答にその四半期アップデートに関する興味深い質問が来るかもしれません。会議中に、アップルのCEO、ティム・クック氏が答えるであろう3つの質問があります。

1.2017年度のiPhoneの販売の方向性は?
投資家は製品ガイダンスにおける望みを持つべきではありません:製品部門に関する期待を秘密にしておくアップルの取り組みです。しかし、アップルの幹部は以前、iPhoneにとっての潜在的な触媒に関して示唆を与え、クック氏は重要な製品ラインに色合いを与えました。

アップルの収益発表では、したがって、クック氏がどのようにiPhoneに関して管理をしていくのかを投資家に知らせ、そして、キーセグメントが両方のユニットでの前年比減少と、過去2四半期売上高に続く成長高に戻ろうとする可能性に関するヒントを提供することに注目しましょう。

ハイテク巨人の直近の四半期におけるアップルの売上高57%を占めることによると、iPhoneは全体的な成長軌道に不可欠です。第3四半期の23%前年比収益減少に続いて、投資家にはその洞察を探すための理由があります。

2.サービスの成長は持続可能か?
アップルのサービス・セグメントは、アップルの財務報告書によると、「インターネットサービスとAppleCare、Apple Pay、ライセンス、その他サービスからの収入」は、起業城跡にとってますます重要となっています。確かに、収入によって測定した場合、そのセグメントはアップルでは2番目の位置にあります。さらに、セグメントの売上高は第3四半期において19%であり、アップルではもっとも急成長している分野となっています。

しかしながら、この成長は持続可能でしょうか?クック氏の、このセグメントの動向に関する洞察言及に注目しましょう。

3. アップルの次のフロンティアは何か?
アップルが最大の製品セグメントの成長と課題に直面しているため、投資家たちはハイテク企業が成長に向けてどこへ向かおうとしているのかを疑問に思います。その多くは、アップルが、新しく大きな市場を開く動きとなる電気自動車への準備を進めていることを推測しています。報告によると、秘密プロジェクトのコードネームはプロジェクト・タイタンであり、数年前から行われていました。しかし、10月のブルームバーグからの報告によると、アップルは自動車構築を目指すことから、自動走行ソフトウェアに焦点を当てることに変更しました。

アップルは、うわさによると自動車構築の計画を諦めたとされています。一部の投資家は、その他の成長の道を持っているかどうかを考えています。

もちろん、アップルが昨年、Apple Watch出荷を開始した際に、まったく新しいセグメントに参入したので、ウェアラブルは成長を模索するための部門であるとも言えます。しかしながら、Apple Watchの販売ではまだ、総収入のわずかな部分を占めるに限定されていて、アップルにとって重要なセグメントに成長できるかどうか明確ではありません。投資家たちは、その会議中において経営陣の期待を探るべきです。

アップルは10月25日(火曜日)の市場終了後、2016年度第4四半期の結果を発表します。株主・投資家情報ページで、午後2時PDT(午後5時EDT)にある経営者会議へのアクセスが可能です。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

シネックス   センティーン・コーポレーション   フリーポート・マクモラン   マリオット・インターナショナル   ピムコ・ニューヨーク・ミュニシパル・インカム・ファンドIII   ケイデンス・デザイン・システムズ   アプライド・マテリアルズ   3Dシステムズ   アップル   ガフィサ   アメリカン・エリクトリック・パワー   HCAホールディングス   テスラモーターズ   アマゾン.com   ICICI銀行   PB Bancorp Inc.   ザ・バンク・オブ・ケンタッキー・ファイナンシャル・コーポレーション   VanEck Vectors Treasury-Hedged High Yield Bond   メットライフ   プロクターアンドギャンブル   エヌビディアコーポレーション  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング