アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

モービルアイ株いよいよ低迷から脱却か

日本時間: 2015年2月27日 2時37分 公開

 モービルアイが2014年7月末に華々しく新規上場して以来、投資者は苦汁を飲まされてきました。株価は今や2014年10月のピーク時から38%の下落です。
 
 しかし2015年2月26日の最新決算報告は心強いものでした。 
 今年度第4四半期の収益は前年比26.4%増の3億9,700万ドル、潜在利益調整後の1株当たり純利益は6セントとの発表でした。アナリスト予測として出されていた収益3億6,400万ドル、調整後1株当たり利益5セントを上回る結果です。

 同社はその技術基盤で強い影響力を発揮して、2014会計年度は5,080万ドルという潤沢なフリーキャッシュフローを生みだし、預貯金は総額4億1,800万ドルです。
顧客リストにはアウディ、フォード、ホンダ、テスラといった名立たる企業が並び、間違いなく業界をリードしているといって過言ではありません。

 先進運転支援システム(ADAS)の開発には15年以上の年月を費やしていますが、その間の製品テストの繰り返しや複雑な規制対応など、骨身を惜しまない努力が他の追随を容易に許さない要因ともなっているでしょう。
 しかし、モービルアイ株の重要性はその長期的潜在価値にあります。モービルアイの事業は、幸運にも2つの大きなトレンドにタイミング良く収まりました。

 ひとつは、社会における自動車安全システムの必要性に対する意識の高まりです。いずれは車の標準装備になるかも知れません。もうすでに行政の積極的な後押しは始まっています。なにしろWHOの報告によれば、2010年の全世界の自動車事故による死亡者数は1,200万人にのぼり、アメリカ国内だけで毎年3,000億ドルの損失が発生しているとのアメリカ自動車協会の報告もあるのですから。
 そしてもうひとつのトレンドは、自動運転車です。グーグルが数々の刷新的技術を発表して脚光を浴びていますが、これを現実に製品化するには、安全性を追求する先進的技術が不可欠です。まさにこれこそがモービルアイが資本と年月を費やしてきた技術なのです。

 とはいえ、やはりひっかかる問題がひとつあります。モービルアイの株価は下落したのにもかかわらず、その評価はとても安いとはいえません。予想株価収益率はなんと97です。
しかしそれでもなお、モービルアイの収益はこの先何年も力強く成長を続けていくに違いなく、それを考えればこの評価も妥当といえるでしょう。そして繰り返しになりますが、モービルアイには輝かしい顧客リストと、業界をリードするテクノロジーがあります。そして自動安全システムと自動運転車というふたつの大きなトレンドにも後押しされています。
言うなれば、自動車市場の要となる分野への投資を検討されている方、そして乱高下にも喜んで耐えてみようという方、そんな方には現在お薦めの株です。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アカマイ・テクノロジーズ   アルファベット   アリババ・グループ・ホールディング   パロ・アルト・ネットワークス   Peoples Financial Corporation   エム・エフ・エス・インターメディエート・ハイインカムファンド   クリフ・ナチュラル・リソーシーズ   Governor & Co. of the Bank of Ireland ADS   アマゾン.com   モービルアイ   Ecology and Environment Inc.   バンガード・エナジーETF   ヌビーン・プレミアム・インカム・ミュニシパル・ファンド4   トランスオーシャン   ステラ・バイオテクノロジーズ   タブロー・ソフトウェア   ザ・スペクトラネティクス・コーポレーション   リサーチ・イン・モーション・リミテッド   スターバックス   フィアット・クライスラー・オートモービルズ   デューク·エナジー  

このニュースの関連企業・銘柄

モービルアイ<MBLY>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート