アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

バンク・オブ・アメリカ、ゴールドマン・サックス・グループ、その他債券取引業、第3四半期に突出する

日本時間: 2016年10月19日 23時43分 公開

複数の大手銀行が2016年第3四半期に好調な業績を打ち出すとともに、決算発表シーズンが進行中です。強気の結果は、貸付業務における強固な成長と、金融事業に上昇気流を与えた売り上げ・取引からの実質的な支援によりもたらされました。バンク・オブ・アメリカ(NYSE:BAC)とJPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(NYSE:JPM)、ゴールドマン・サックス(NYSE:GS)、シティグループ(NYSE:C)、ウェルズ・ファーゴ(NYSE:WFC)は、投資家が一時的信頼を見出したため、予想を上回る結果を示しました。

投資銀行は、市場のボラティリティと不確実性で守りの立場に入ったため、数年間厳しい状況に置かれていました。原油価格が大幅に下落し、長期金利が実施され、国際ビジネス市場における世界的な需要の落ち込みがダイナミクスを変更したため、2016年の前半は、投資銀行にとっては厳しいものとなりました。

バンク・オブ・アメリカの売上・取引収益は、32%の債券取引における優良増進により、14%の収益増加となりました。しかしながら、株式取引収益は、17%の減少となりました。全体の取引収益は、過去5年間の第3四半期において、もっとも高いものとなりました。さらに、ゴールドマン・サックスの取引収益は、前年同期に比べて、32.1億ドルから37.5億ドルの、17%に跳ね上がりました。

JPモルガンが、売上高の48%の増加は債券取引にあると報告したように、その取引収益はおもに債券取引によるものでした。また、シティグループは、前年同期と比べて、債券取引で35%の増加を報告しました。

株式トレーダーは、株式市場がすべての時間帯において高値であるにもかかわらず、どのトレーダーよりも厳しい時間を過ごしています。債券トレーダーは、逆イールドに上昇すると、金融市場機会を利用します。しかしながら、投資銀行が企業としての活動を低下するとともに、企業合併・買収(M&A)での収益の多くを失います。

投資家が11月の大統領選挙の結果と、12月のFOMCの会合を待つまでは、大手銀行株は若干上向きの勢いを得ることになります。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ストラテック・セキュリティ   Victory CEMP International Volatility Wtd Index ETF   iシェアーズ・iBoxx・米ドル建てハイイールド社債ETF   コンパニア・エネジェティカ・デ・ミナス・ジェライス・セミグ   ギリアドサイエンシズ   エム・エフ・エス・インターメディエート・ハイインカムファンド   ニュー・ホーム・カンパニー   エヌビディアコーポレーション   イノスペック   ウォルト・ディズニー   アルファベット   アナログ・デバイセズ   iShares Currency Hedged MSCI South Korea   シエナ   アンバレラ   シネダイム   アプライド・マテリアルズ   エレクトロニック・データ・プロセッシング   シグナ   チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ   アルファベット  

このニュースの関連企業・銘柄

シティグループ<C>
バンク・オブ・アメリカ<BAC>
ゴールドマン・サックス<GS>
ウェルズ・ファーゴ<WFC>
JPモルガン・チェース<JPM>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート