アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ・モーターズModel S、強盗と致命的当て逃げに関与

日本時間: 2016年10月14日 23時59分 公開

テスラ・モーターズ(NASDAQ:TSLA)の車両が、いかに技術的に高度であることを考慮すると、盗難される可能性は低いです。それでも、Model Sは盗難被害に遭い、その後致命的なひき逃げ事件に巻き込まれたことが判明しました。

LA Timesの報道によると、Model Sの運転者が高速度で複数の車に激突し、オートバイに衝突したあと、最後には事故現場から逃亡しました。その事故で、カリフォルニア州パサデナに住むオートバイの運転手が亡くなりました。市警察中尉のマーク・グッドマン氏によると、その事故は、午後11時43分、ワシントン大通りマレンゴ・アベニューで起こりました。

警察は、ハーレーダビッドソンに乗った60歳のパサデナの住人を殺害したModel Sの運転者をいまだ捜索中です。さらに、グッドマン氏は、そのセダンが「無効」であることを付け加えました。その車両が、実際のテスラの所有者に属していたか、または盗まれたものであるかどうかは明らかではありません。Electrekの報道によると、テスラ・モーターズ・クラブ(TMC)の新規ユーザーが、次のような書き込みを投稿しました。「問題のテスラの所有者は、は私の友人です。その車は、事故の数時間前に、彼の家の前から盗難されました。盗難の合計は、そのテスラとその他3台の車両、そして、オートバイの運転手殺害でした。」

オートバイと衝突したとき、Model Sは毎時100マイルで走行していました。その後、泥棒は車外に逃亡し、いまだに発見されていないことが付け加えられました。その後、警察は、事故が起こる数時間前に、問題のModel Sが盗難されたことを確認しました。しかしながら、その問題のセダンが実際に、どのように盗難されたかのかは明らかになっていません。

Electrekの報道によると、車両盗難のあとにModel Sが致命的な大事故を起こしたのは2回目でした。前回、盗難車両が高速運転での事故に巻き込まれた際、Model Sは真っ二つに割れ、運転者が死亡しました。また、雑誌報道では、ヨーロッパではテスラの車両が盗難被害に遭っていることが指摘されています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

エヌビディアコーポレーション   アップル   アルベマール・コーポレーション   ザイリンクス   バンク・オブ・アメリカ   ブリストル・マイヤーズ・スクイブ   iShares Edge MSCI Intl Size Factor   ペブルブルーク・ホテル・トラスト   Zions Bancorporation Dep Shs Repstg 1/40th Int Sh Ser H Perp Pfd Stk   アマゾン.com   エロス・インターナショナル   バンガード・モーゲージバックド・セキュリティーズETF   ユナイテッドレンタルズ   Anworth Mortgage Asset Corporation Series A Preferred Stock   リジェネロン   プロシェアーズ・ウルトラショート・ファイナンシャルズ   アリババ・グループ・ホールディング   NTT・ドコモ   コーエナジー・インフラストラクチャー・トラスト   マハナガル・テレフォン   iShares Trust Russell Midcap Value Index Fund  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング