アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップルはいつ、Retinaへの移行を完了するのか?

日本時間: 2016年10月11日 12時11分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)が高解像度Retinaディスプレイに着手して以来、6年が経過しました。2010年に開始されたiPhone 4は、通常の視距離から個々のピクセルを識別できないくらいシャープなディスプレイを特徴とする、最初のアップル製品でした。アップルがRetinaディスプレイを追求しようとするとともに、そのラインナップの残り部分にその機能をもたらすのは、時間の問題でした。

そのことは進行中ですが、アップルはすぐに完了できるかもしれません。

■ラインナップの値下げ
まもなくiPhone 4の後に予想どおり、アップルは2012年に第3世代iPadファミリーにRetinaディスプレイを搭載し始めました。同じ年、アップルは15インチMacBook ProにRetinaディスプレイを搭載しました。2014年、最初のRetinaモデルiMacは、27インチ5Kディスプレイでした。Apple Watchにも、Retinaの搭載が考慮されています。

Macの遷移は、応用の面での導入では少し巧妙でした。より大きなディスプレイはコスト高に反映され、より高価格にもつながりました。そして、高解像度ディスプレイに関連する保険料を消費者に販売するために、より多くの労力がかかりました。対照的に、iPhoneとiPad向けRetina関連の価格プレミアムはありませんでした。アップルは同じ価格で出荷をしようとしましたが、消費者の観点からほとんど思考を要しないものでした。

アップルは、経費(および関連保険料)が値下がりするため、ある程度、Retinaディスプレイへ移行する消費者とともに進歩を遂げています。アップルの全体的な目標が、最終的に低解像度のディスプレイを排除し、Retinaモデルのみを販売することなのは、明白です。その意味で、アップルが残りの非Retina製品を中止すれば、移行が完了します。非Retinaモデルには、11インチのMacBook Airと、13インチのMacBook Air、13インチのMacBook Pro、エントリーレベルの21.5インチiMacの、わずか4製品を残しています。

■RIP 13インチPro?

10月後半のマック中心のイベントに関して、アップルがこれら4製品のいずれかを中止する機会があるかどうかという問題があります。サンダーボルト・ディスプレイを中止し、アップルがイベント中に5Kスタンドアロン・ディスプレイをリリースするといううわさがあります。

体裁をよくするものは、ありません:13インチMacBook Proは、すでにないものであるはずです。アップルが2012年に最新版のノートパソコンを販売しているというのに、奇妙な話です。まだ旧型ノートパソコンを購入することを想像するのは困難ですが、アップルが旧型を販売しているのであれば、おそらく人々はまだやることでしょう。

MacBook Airでは、別の話です。新型12インチMacBookは後続機種であると思われていますが、昨年の発売以来とその費用曲線の高さを考慮している点から、超薄型デバイスは、かなりのプレミアム料をもたらします。MacBookに対しても、エントリーレベルのノートPCとして機能するMacBook Airに取って代わるためにはあまりも高価です。戦略的に、アップルがMacBook Airを中止するとは思えませんが、不吉な予感があります。初代・第2世代12インチMacBookのコスト構造は、MacBook Airに取って代わるために下がりつつあります。

21.5インチiMacにとっても、そのことはおそらく早く起こるでしょう。異なるデザインのために必要な、まったく異なる製造インフラとは対照的に、全体的な共通設計のおかげで、追加費用は、主要コンポーネントに関連付けられている必要があります。

私の推測では、アップルは、残りの非Retina製品の4つのうち一つ、つまり、13インチProを、10月に中止するということです。経費が競争力のある価格設定を可能にしたならば、AirとiMacはそのあとに続くでしょう。したがって、私たちは来年に、もう一つ様子を見るかもしれません。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

JPモルガン・チェース   WBI Tactical SMS Shares   ファイヤーアイ   アドビシステムズ   アルファベット   エヌビディアコーポレーション   ビル・バレット   フェイスブック   スターバックス   グッゲンハイム・フロンティア・マーケットETF   アストラゼネカ   コリウム・インターナショナル   ロイヤル・バンク・オブ・カナダ   ファイザー   ロックウェル・オートメーション   Eaton Vance Enhance Equity Income Fundd Equity Income Fund Shares of Beneficial Interest   テスラモーターズ   CTCメディア   バンコ・ブラデスコ   3Dシステムズ   ロッキード・マーティン  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング