アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップルiPhone、ディスプレイ革新パイプライン

日本時間: 2016年10月11日 8時3分 公開

歴史的にアップル(NASDAQ:AAPL)は、2世代ごとのiPhoneラインナップでディスプレイを改良しました。どの「新しい型番」のiPhoneは、クラス最高・最先端のディスプレイを持ち、その翌年の「s」モデルでかなり良好なものであるが、クラストップのものではない形式が再生されます。

しかしながら、今後、新世代ディスプレイ技術の開発・実施におけるより積極的な投資を行うアップルの能力のため、このような行為は終焉を迎えると信じています。その代わりに、私はアップルに対して、少なくとも今後3年間の新型iPhoneで、有意義なディスプレイ性能と品質強化の実現を期待します。

このことを念頭に置いて、私は、次世代の3つのiPhoneとともに市場にリリースされる次世代の3つのiPhoneに期待する、ディスプレイ技術革新の概要を説明したいと思います。

■iPhone 8では、OLEDが搭載される
アップルが、ディスプレイ機能を液晶ディスプレイ(LCD)から有機発光ダイオード(OLED)に変更することを計画していると言われています。この切り替えで、アップルがサムスンのGalaxy S7 EdgeやNote 7で搭載されているような湾曲ディスプレイを有するデバイスを提供できることが期待されています。

たしかに、アップルが次世代iPhoneにまさにそのようなこと計画しているという、多数の報告があると言われています。湾曲ディスプレイに加えて、OLEDは劇的に暗い画面表示、とくに事実上完全な黒色レベルを可能とする品質向上が期待されています。このことは、低照度な環境において黒色が完全な黒に見えないLCDとは異なります。

しかし、ディスプレイの技術革新は、OLEDへの移行で終わりません。

■次のステップ?高速化OLED
ブルームバーグによると、来年のiPadのラインナップとともに、アップルは「より速いディスプレイ技術」を紹介することが期待されています。スマートフォンクラスのOLEDを試みるために、ディスプレイ製造パートナーとの十分な共同作業を持っていたとしても、アップルは2017年のiPhoneで、高リフレッシュレートのディスプレイに移行するとは思えません。

しかしながら、KGI・セキュリティーズのMing-Chi Kuo氏の報告によると、アップルは2018年のiPadラインナップので、湾曲OLEDディスプレイへ移行するだろうと言われています。アップルがリフレッシュレートに関して「回顧」できないため、このことは、アップルが2018年の春に発表されるiPadには、湾曲OLEDパネル・高リフレッシュレート機能を導入という計画です。

欠陥に対してより大きく、より影響受けやすいため、タブレットディスプレイがおそらく製造しにくいとすれば、そして、アップルが2018年初めにiPadに湾曲OLED・高リフレッシュレートを準備している場合、たしかに、2018年の秋にiPhoneにも湾曲OLEDディスプレイが搭載される準備ができているはずです。

■その後?おそらく、マイクロLED
2014年に、アップルはマイクロLED技術事業のLuxVueを買収しました。マイクロLEDは、高輝度・高電力効率・長寿命であり、OLEDよりも利点があると言われています。

Digitimesからのレポートから、アップルは2017年後半にリリースが期待されているApple Watchに、マイクロLEDの使用が示唆されます。アップルがそれを行うことができた場合、2019年下半期に登場する大型画面iPhoneに、その技術を非常に良くしたものが搭載されるでしょう。

■iPhoneのために何を意味するのでしょうか?
ディスプレイは、スマートフォンでのユーザーエクスペリエンスにおいて、重要な部分です。今後、現行モデルがユーザーにとって「十分によい」という場合、ユーザーを新型スマートフォンへアップグレードさせることは、より困難になるでしょう。

積極的なディスプレイ技術革新により、アップルは、潜在的顧客が自分の目で見られる次世代iPhoneに対して、改善ができるようになります。このことは、高まる競争圧力と相まった減速スマートフォン業界に直面して、最終的にアップルが今後数年間、iPhone販売の維持・成長に貢献します。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

AmTrust Financial Services Inc. 7.25% Subordinated Notes due 2055   レッドハット   ギリアドサイエンシズ   1347 Capital Corp. Unit   ハーモニー・ゴールド・マイニング   アマゾン.com   アルファベット   パロ・アルト・ネットワークス   IQ 50 Percent Hedged FTSE International   トランスオーシャン   Apollo Investment Corporation 6.625% Senior Notes due 2042   ユナイテッドレンタルズ   プロト・ラブズ   センティーン・コーポレーション   セールスフォース・ドットコム   アップル   ケイデンス・デザイン・システムズ   スターバックス   ロイヤルゴールド   アプライド・マテリアルズ   プロクターアンドギャンブル  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング