アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

Facebookか、アルファベットが、インターネットの超大国になる?

日本時間: 2016年10月10日 20時36分 公開

Mark Zuckerberg氏が4月に示したとおり、彼の心の中にFacebookに対する長期計画を持っているようです。誰もがインターネットに接続され、AIがみんなを助ける世界で、私たちは世界中の人々と交流するためにスマートフォンを使うように、バーチャルリアリティを使います。それはまさに、Facebookのための理想です。最高経営責任者が、360度画像とオクルスVRヘッドセットの組み合わせの、「ソーシャルVR」披露したときから、計画は大きな一歩を踏み出しているようです。それは、わたしたちが見たことのない経験をもたらします。

しかしながら、Facebookはその点だけではありません。10月4日の最新のイベントで、アルファベットがデイドリームVRヘッドセットと、最新の人工知能(AI)ボットを含む、新規デバイスの多くを導入しました。アルファベットがまた、いかにして心の中で長期的な計画を持っているのかということ、そしてその戦略がFacebookのものと類似しているように思えるかを示しました。どちらもお互いの縄張りを引き継ぐための動きをしつつあります。Googleとしてソーシャルネットワークになる意図が、Facebookには検索サイドへとなる意図があります。

しかしながら、彼らの目はウェブビデオ・ソーシャルメディア上にあるように思われます。GoogleのYouTubeはこの場合、間違いなくトップに立っています。一方のFacebookは、メディアブランドと広告主に対して、Facebookのビデオに多額の投資を行ってきました。しかしながら、それだけではありません。両社は、人々の生活にAIを統合しようとしています。GoogleのCEOであるSundar Pichai氏は、全顧客のために個別のGoogleを作成しようとしていると述べています。一方、Facebookは自分の好みに応じて、全ユーザーがニュースフィードをカスタマイズできるようなAIプログラムに対して、多額の投資を行ってきました。

スマートフォンブームが沈静化しているため、人々はそれぞれの企業が何を開始しようとしているのか気付き始めています。未来に向けて長い道のりになるかもしれませんが、GoogleとFacebookは過去の名声の上にあぐらをかいていません。それぞれ、今後最大企業になるために、精力的に取り組んできました。すぐには十分ではありませんが、次の10年以降、その仕事は大きなものになるでしょう。インターネットの超大国になる栄誉は、競争の対象となっています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アップル   イートン・バンス・タックスアドバンテージ・グローバル・デバイド   アマゾン.com   クラーコア   アルファベット   ビザ   ファイザー   ウェルズ・ファーゴ   フィットビット   ゼネラル・ダイナミクス   ブロードコム・コーポレーション   プロクターアンドギャンブル   イェルプ   モンサント   リンカーン・ナショナル   テスラモーターズ   iシェアーズ・MSCI・ジャパン・ETF   トータル・システム・サービス   アプライド・マテリアルズ   クレイトン・パフォーマンス・ポリマー   クアルコム  

このニュースの関連企業・銘柄

アルファベット<GOOG>
アルファベット<GOOGL>
フェイスブック<FB>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート