アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル、教室で負ける可能性

日本時間: 2016年10月7日 6時33分 公開

教育は、財政的というよりむしろ哲学的であるという面で、アップル(NASDAQ:AAPL)にとって重要市場となっています。そのことが、私が教室におけるiPadの可能性に関して楽観的であった理由です。はじめに、モバイル機器とデジタル教科書は、教育に革命をもたらす潜在能力を持っていたように思えました。けれども、全国の学校は教育目的のためにiPadを購入する場合でも、アップルが十分に役割を果たしていないとも言えます。

本当の挑戦は、アルファベット(NASDAQ:GOOG)(NASDAQ:GOOGL)と低コストのChromebookです。コスト削減は、教育的価値が同等である場合、教育関係者にはかなりのアピール要素になります。フルサイズのキーボードは、彼らに多くの生産感を提供します。子どもは、iPadを娯楽とゲームに関連付けます。

■2000万と会計
グーグルは、Google Classroomを使用する生徒・教師によるChromebook採用が、2000万件以上に達すると報告しました。2015年10月に、教育向けChromebookの使用が1000万件であることと比較すると、検索の巨人は教育市場での進捗を図ったというのは明らかです。ニュースは、10月5日の世界教師の日を記念して報道されました。

アップルは、教育事業に関してとくに財務状況の詳細を開示していません。けれども、アップルにとっての教育の重要性を喚起する十分な機会を取ることは確かです。アップルは毎年、新学期販売を開始し、一年中、学生・教育関係者向けの価格を提供しています。しかし、Chromebookは、教育収支決算に訴えることができますが、アップルはそれほど積極的ではありません。

■アップルは、教育向けに旧型iPadを戻す必要があります
アップルが本当に、iPadで教育市場を追い越したいと思った場合、これまでに引っ張ってきたいくつかのレバーがあります。

2011年からのiPad 2がいかにして、途方もない時間で立ち往生したのか、覚えていますか?アップルは、2014年に値下げするまでに3年間、第2世代タブレットを保ち続けました。その間、アップルは新型タブレットが出てくると時間をかけて価格を下げましたが、情報製品ディスプレイとして、旧型タブレットを独自小売店で使用し続けました。

教育市場での販売のために、アップルが5年前のデバイスを戻す必要があるとは言っていません。けれども、Chromebookの販売に圧力をかけるようになる価格で、一部の旧型iPadモデルを製造・販売することは、アップルにとって非常に簡単で、有利にできるだろうと思われます。2012年からのRetinaディスプレイを持つ第4世代iPad、または2013年のからのiPad Airについてはどうでしょうか?たとえ消費者市場が動き続けていても、これらのデバイスは、まだ教育市場で関連性を持っているでしょう。そして、私はそれらが製造で多くのコストをかけるということは想像できません。

そのことは、Chromebookの引継を防ぐことができる戦略的選択がある、無駄な機会のようにも思えます。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

エヌビディアコーポレーション   ハリバートン   アマゾン.com   ギリアドサイエンシズ   フェイスブック   ゴー・プロ   アルファベット   シバニェ・ゴールド   アップル   イミューン・ファーマシューティカルズ   EOG・リソース   アンバレラ   イェルプ   アクセンチュア   ジンガ   ウォルマート・ストアーズ   バリック・ゴールド   SPDR・S&P・バイオテックETF   レイジーボーイ   アカマイ・テクノロジーズ   エスティ・ローダー・カンパニーズ  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>
アルファベット<GOOG>
アルファベット<GOOGL>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート