アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

Apple Watchはついに、その意味を見つけ出したか?

日本時間: 2016年9月23日 23時15分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)Apple Watchは、導入以来、もっとも「中間」と呼ばれるものであり、独自のアイデティティを持っていませんでした。しかし、Apple Watch Series 2に、ハイテク巨人はついにその時計の目的を発見しましたか?そして、この目的は完全にその時計の見通しを変えました。

Apple Watch Series 2は、あなたの活動・ワークアウト、つまりフィットネスを追跡するために作られました。そして、最新のApple Watchに大きな機能強化を行いました。とくに、前版での大きな疑問での領域は、アスリートやフィットネスに意識の高い人々にとって良いものとなりました。

Watchに導入されるハードウェアに、変更がなされました。スマートウォッチのハードウェアに多額の投資を行ってきて、アスリートのトレーニングの正確な読み取りを追跡・測定する専用心拍数モニターなどの機能埋込を確実にしました。そして、防水化のおかげで、アスリートは水中外での活動でのワークアウトに制限を書けないようになりました。Apple Watch Series 2は、ユーザーの使用環境に囚われることなく、そのワークアウトセッションを追跡します。

より高速なGPUとwatchOS 3での機能強化のような特徴は、Apple Watch Series 2の成功の鍵となっています。あらゆる意味で、その時計はユーザーが楽しむことができる何かを持っています。新版でのインターフェイスがユーザーフレンドリーなり、以前のwatchOSと比較して、より簡単なものになりました。

Watch Series 2のより明るいディスプレイは、十分でないように思えますが、アップルは消費者を理解していました。アスリートは確認のために、その時計をくり返し見る時間がありません。より明るい画面のおかげで、より簡単に、より大きな画面上に表示されれているものを読むことができます。時々運動する身として、私はこのことを確認できました。

また、Apple Watch Series 2のバッテリーは、予想以上によいものであると言わざるを得ません。TechRadarが示したように、スマートウォッチのバッテリーは、あなたを驚かせるかもしれないものです。スマートウォッチは、アップルが言った以上に長い時間を持ち堪えるでしょう。しかしながら、その時計で公開された限定機能を考慮しなければなりません。GarminとTomTomのような、もっともよく知られているスマートウォッチに対して、非常によく持ち堪えています。

全体的に、新型Apple Watch Series 2には、何のために作られているのかという物事が表れています。我々は、アップルが偶然にその組み合わせを結んだとは言い切れません。スマートウォッチにおける少しの機能強化は、何それは、独自のアイデンティティを持つために必要である何かをより多く持っています。そしてついに、それは、持っています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アシュフォード   ペナントパーク・インベストメント   UBS AG ETRACS ETRACS 2xMonthly Leveraged S&P MLP Index ETN Series B due February 12 2046   エバーコア・パートナーズ   パトリオットナショナル   ケーティー   ラックスペース・ホスティング   DRDゴールド   CABCO Series 2004-101 Trust Goldman Sachs Capital I Floating Rate Callable Certificates   メディシノバ   アドゥス・ホームケア・コーポレーション   ソフトバンク   ウィントラスト・ファイナンシャル   ナショナル・シネメディア   ビーコ・インスツルメンツ   First Trust CBOE S&P 500 VIX Tail Hedge Fund   FlexShares STOXX US ESG Impact Index Fund   エヌビディアコーポレーション   ウェスコ・インターナショナル   アルファベット   バザーボイス  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング