アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップルMac OS Sierra:長所と短所

日本時間: 2016年9月21日 21時22分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)は、MacBookデバイスに多くの改良点とアップグレードをもたらすように設計されている、待望のMacOS Sierraオペレーティングシステムを展開しました。OS Xオペレーティングシステムのユーザーであった場合、Mac OS Sierraに親しみと快適さを感じるでしょう。しかしながら、最新のソフトウェアのアップグレードは、MacBookデバイスで動作する前世代オペレーティングシステムよりも、顕著な改善とアップグレードをもたらすでしょう。クパチーノ・ベースのハイテク巨人はまた、最新のオペレーティングシステムに、ユーザーエクスペリエンスの改善に大幅な労力を要する軽微な改良・調整を組込んでいます。そこで、MacBookのユーザー向け利用可能な最新ソフトウェア更新プログラムの概要を、確認しましょう。

■長所:
MacBookデバイスで利用可能な最新オペレーティングシステムの最大の特徴の一つは、前世代OS XEL Capitanから、円滑で途切れない、かつ楽なステップアップをユーザーに提供することです。OS Xに慣れているユーザーは、前OSよりも顕著なパフォーマンス向上を特徴とする最新ソフトウェアアップデートを歓迎するでしょう。MacOS Sierraで利用可能な最大のアップグレードは、MacBookデバイスでアップルのパーソナル・デジタルアシスタントSiriの組み込みです。したがって、MacBookユーザーは、Siriが自分のデバイスにもたらすであろう利便性を大変喜ぶでしょう。さらに、MacBookデバイスのセキュリティ機能を強化・改善するための、ソフトウェアアップデートが設計されています。その一つに、Apple Watchの助けを借りて、自分のMacBook Proのロック解除をする機能があります。

■短所:
MacOS Sierraのもっとも不快な側面は、オペレーティングシステムで利用可能な大半の新機能にアクセスするためには、ユーザーがプレミアムiCloudサブスクリプションが必要だということです。このことは、ほとんどのMacBookユーザーにとっては、契約を躊躇するものではありませんが、少し余分に払うこととなく、MacOS Sierraを最大限に利用することはできないという意味です。MacOS Sierraのもう一つの欠点は、主要なオペレーティングシステムを考慮するうえで非常に残念である、タッチ入力機能をサポートしていないことです。また、MacOS Sierraの使用後、ユーザーは、Windowsの10 Cortanaと比較してSiriはその起動・アクセスがより困難であることに気づくでしょう。

■評決:
MacOS Sierraは、その明白な欠陥・欠点を持っているにもかかわらず、長所が短所をどうにか上回っています。また、MacOS Sierraはちょうど出たばかりであるため、我々はオペレーティングシステムで発見された潜在的な問題のほとんどを解決することができる、アップルのソフトウェアアップデートが期待できます。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アプライド・マテリアルズ   コカ・コーラ   E-Digital Corporation   ファイザー   iシェアーズ・日本大型株ETF   エヌビディアコーポレーション   トライ・ポイント・ホームズ   アップル   ロイヤルグローブ·ホールディング   ファイヤーアイ   テキサス・キャピタル・バンクシェアーズ   Direxion Daily Financial Bear 1X Shares   メディシノバ   ユニバーサル・ディスプレイ・コーポレーション   ザイリンクス   ギリアドサイエンシズ   プロクターアンドギャンブル   Guggenheim S&P 500 Top 50   ビザ   3Dシステムズ   ゼネラル・エレクトリック  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート