アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アルファベット、違法漁業取締を手助けする

日本時間: 2016年9月18日 3時33分 公開

カリフォルニア州マウンテンビューに本拠を置くアルファベットは、政府・一般市民の違法漁船追跡を可能にするクラウドソース船監視システムである、グローバル・フィッシング・ウォッチの立上げのために、衛星画像企業スカイトゥルースと、海洋擁護非営利オセアナと提携します。2014年11月に発足しましたが、国務省主催のアウワ・オーシャン・カンファレンスで先週に正式に発表されました。ワシントン・ポスト紙によると、システムは、国際漁業を取り締まるための「より広範囲な国際的な後押し」の一部であるとされます。生態学的な損傷を引き起だけでなく、違法漁業はまた、経済的な損傷もあります。推計によると、毎年100億~200億の損失があります。

グローバル・フィッシング・ウォッチは、違法漁業問題の解決のために、ビッグデータアプローチを使用しています。その手法では、船舶の「実話」作成のために、情報ソースの品ぞろえからのデータを組み合わせます。たとえば、世界的・政府機関・配送会社の船舶を追跡するために使用されている、自動識別装置からのデータを使用しています。このデータ・ダンプの組み合わせのおかげで、諜報機関はその動きを観察することにより、船舶の動きを追跡・推測できます。例として、とくに何も用がなく特定の領域で前後に移動する船舶は、トロール漁業をしている可能性はあります。太平洋の小さな島の、キリバス政府は、保護領域での違法漁業の検出のために、その技術を使用しました。

たしかに、違法漁業には多層の問題があります。船舶は、AISトラッカーをオフにし、居場所の開示を拒否することができます。ここに、数字があります。2015年5月、グローバル・フィッシング・ウォッチは、推定400万隻のうち、4万だけしか追跡できていません。さらに、違法漁業を抑制するために必要とされる国の間での条約・協定の国際的枠組みがあります。たとえば、インドネシアの海岸で沈没した60隻は、南シナ海海域での係争における主権主張と同じく、違法漁業の取り締まりに関するものでした。

米国務長官ジョン・ケリーはポスト紙に、アメリカ政府は「説明責任を作成しているが、そこにはほとんど見込みがない」と伝えています。2016年はじめに、ポート・ステート・メジャー・アグリーメントとして知られる国際協定が、署名されました。その目標は、「違法漁業を検出する能力を高めるためであり、港湾・市場から違法漁業を阻止し、国家間での違法漁船についての情報共有をする」というものです。グローバル・フィッシング・ウォッチは、この努力を助長するために、表向きに設計されています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ユナイテッドレンタルズ   NCRコーポレーション   マーティン・ミッドストリーム・パートナーズ   ゴー・プロ   アドバラム・バイオテクノロジーズ   iShares Trust NYSE 100 Index Fund   アングロアメリカン   FCBフィナンシャル・ホールディングス   スクエア   メディシノバ   アリババ・グループ・ホールディング   アレクシオン・ファーマシューティカルズ   アイデックス・コーポレーション   First Trust Managed Municipal ETF   スカイワークス・ソリューションズ   アルファベット   マイクロン・テクノロジー   リッチーブラザーズ・オークショニアーズ   ヒルトン・ワールドワイド   グラハム・ホールディングス・カンパニー   PowerShares DB Energy Fund  

このニュースの関連企業・銘柄

アルファベット<GOOGL>
アルファベット<GOOG>

リアルタイム・検索ランキング