アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップルiPhone平均販売価格上昇の、3つの理由

日本時間: 2016年9月13日 3時22分 公開

9月7日、アップル(NASDAQ:AAPL)は、iPhone 7とiPhone 7 Plusを披露しました。これら携帯電話の外観の変更は大きいとは言えませんが、一般的にiPhoneとプレミアムスマートフォンにとって、非常に強固な前進を表します。

アップルのiPhoneビジネスの成功は、2つの主要指標の関数です。第1の指標は、ストレートアップの出荷台数です。iPhoneの販売台数が多ければ多いほど、よいということです。しかしながら、事業は平均販売価格に依存します。出荷台数の一定レベルが高ければ高いほど、アップルの収益と売上総利益はよくなるはずです。

iPhone 7出荷台数がどのようになるのかを語るには時期尚早ですが、平均販売価格の見通しが製品サイクルにとって、かなり良くなるという初期の兆候があります。その3つの理由についてお話しします。

■興味深いセールスポイントとなる大型iPhone
iPhone 6・6sと各Plusモデルで、大きさの違いはかなり制限されたものでした。大型モデルは、ややシャープなディスプレイと追加的(しかし、比較的マイナーな)カメラ機能を有していて、ややかさばるものでした。

少なくともこれら2代前のモデル選択は、画面サイズの好みによります。

iPhone 7では、やや積極的に2つのモデルを区別しています。iPhone 7 Plusは、革新的なデュアルカメラの設定を搭載します。このことは、カメラ機能の観点から、より大型なモデルが搭載すべき機能という点では明確です。

カメラはスマートフォンにとって、もっとも重要な部分の一つです。それに基づき、デュアルカメラは、今回のモデルで大型モデルへステップアップする潜在的な購入者を引き込むには、十分なものだと思われます。

ストレージの一定量について、大型iPhoneは小型のものより120ドル高価です。カメラの新機能の結果としての大型iPhoneへの転換は、前年比で平均販売価格を上昇させることができます。

■ジェットブラック
iPhone 7/7 Plusで、アップルは、2つの新しい筐体の色としてブラックと「ジェットブラック」を導入しました。アップルは、ジェットブラックは「均一・光沢仕上げに向けた陽極酸化・磨き上げの革新的な9段階のプロセスを経て達成された」としています。

興味深いことに、アップルはこの「特別な」ジェットブラックモデルを、128GBと256GBのiPhoneモデル提供をしています。このモデルが顧客の間で人気になった場合、アップルはより豊かなプロダクトミックスを享受できます。そして、アップル・オンラインストアでのiPhone 7 Plusジェットブラックモデルの予約注文が、11月までに出荷しないと予想されるとならば、非常に人気が出るだろうと思われます。

■より多くのRAM
小型・大型iPhoneどちらも、同じシステムメモリ量を搭載します。iPhone 6/6 Plusは1GB、iPhone 6s/6s Plusは2GBでした。今回は、大画面iPhoneでは3GB、それ以外では2GBのメモリを搭載します。

結局、アップルが電話内部のメモリ量を販売していないため、このことはほとんどの消費者には関係しそうにありません。しかしながら、多くのハイテクに精通したバイヤーは、レビューの先読みとデバイスの下見により、メモリ量について学習するでしょう。大型画面でのメモリ量追加は、これらの顧客の一部にとって魅力的かもしれません。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アナログ・デバイセズ   iShares Currency Hedged MSCI South Korea   シエナ   アルファベット   アンバレラ   シネダイム   アプライド・マテリアルズ   エレクトロニック・データ・プロセッシング   シグナ   チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ   アルファベット   ブリストル・マイヤーズ・スクイブ   EGShares China Infrastructure ETF   Life Partners Holdings Inc   ペイパルホール・ディングス   レンテック   アリババ・グループ・ホールディング   ウィスダム・ツリー・ミッドキャップ・ディビデンド・ファンド   ツイッター   テスラモーターズ   Calamos Global Dynamic Income Fund  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート