アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル、ゴールドAppke Watchを黙殺

日本時間: 2016年9月9日 8時37分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)製品イベントで、iPhone 7とApple Watch Series 2の2製品に焦点を当てていました。iPhoneははっきりとした立役者でしたが、オープニングアクトは何か欠けていたという点で顕著でした。新型Apple Watch Series 2は白いセラミックケースを備えていますが、もともとのゴールドケースは、なくなりました。

ゴールドからセラミックへの転換からわかるように、アップルの1万ドル(またはそれ以上)するスマートウォッチ販売への取り組みは、うまくいっていません。新型セラミックモデルは1,249ドルで始まり、アップルによるとステンレス鋼の4倍の硬があります。つまり、価格戦略ではかなり大きな変化があります。おそらく、技術的に時代遅れとなる1万ドルスマートウォッチ市場は、かなり小さいということです。

もともとわたしは、アップルがこれまでに、新生スマートウォッチ事業周辺の詳細な財務結果を共有していないということではなく、新型の高価格点が低いユニット台数を相殺するだろうと思っていました。もっとも明白な影響は、平均販売価格は下落するが、アップルはさらにゴールドの一時的価格に対する適度なエクスポージャーを削減するだろうということです。アップルは、2015年のリサイクルプログラムを通して、金の価値を約4000万ドルに回復しました。

最新のデザインの品質を試すという点から、もともとのゴールドバージョンを、実験版として考えることができるでしょう。このような意欲的な価格戦略を試してみるには、かなりの勇気がいることでした。そして、その他のオリジナル機器メーカーは、できるだけ高く行こうとすることをしませんでした。

説得力のある方法で製品ラインを合理化し、とくに、Series 2にはさまざまなパフォーマンス向上の要点が含まれているという点で、セラミックへの転換は、おそらくうまく受け入れられているでしょう。けれども、そのことは困りものです。

新バージョンでのパフォーマンスはより良くなるため、ハイテクガジェットはすぐに減価償却するでしょう。そして、1万ドルはその製品がそのような運命を被ることを求めるにはひじょうに大きいです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

iシェアーズ・インターミディエイト・クレジット・ボンドETF   アップル   リバティ・ベンチャーズ   バーテックス・ファーマシューティカルズ   アルファベット   CITグループ   スクエア   アマゾン.com   キメラ・インベストメント   ストラテック・セキュリティ   Victory CEMP International Volatility Wtd Index ETF   iシェアーズ・iBoxx・米ドル建てハイイールド社債ETF   コンパニア・エネジェティカ・デ・ミナス・ジェライス・セミグ   ギリアドサイエンシズ   エム・エフ・エス・インターメディエート・ハイインカムファンド   ニュー・ホーム・カンパニー   エヌビディアコーポレーション   イノスペック   ウォルト・ディズニー   アナログ・デバイセズ   iShares Currency Hedged MSCI South Korea  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート