アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ゴールドマン・サックス・グループ(NYSE:GS)とモルガン・スタンレー(NYSE:MS)、連邦準備制度理事会決定に相反する見方

日本時間: 2016年9月8日 1時40分 公開

ゴールドマン・サックス・グループ(NYSE:GS)とモルガン・スタンレー(NYSE:MS)は、9月に金利増加をする連邦準備制度理事会の決定に対して、それぞれに意見の相違があります。雇用率は4.9%で一定に保ったとするように、先週の雇用統計は3万件の雇用見積もりを逃したと報告しています。

ブルームバーグの報告によると、ゴールドマン・サックスのアナリスト、Zach Pandl氏とJan Hatzius氏は、連邦準備制度理事会が9月21-22日における率を55%に上昇するには、雇用統計は十分強力なものであったと信じているとしています。一方、モルガン・スタンレーのアナリスト、Matthew Hornbach氏は、インフレの圧力が欠如していると強調したうえで、国債において強気の姿勢のままであるだろうと述べました。

先週、金融政策に対して敏感であることにより、2年間の国庫は0.74%に低下しました。同様に、雇用統計に対して、金融政策も敏感になっています。その理由は、2016年のFOMC会合で、議長のJanet Yellen氏は、労働市場状況に応じて利上げを行う決定をしたからです。過去5年間で、雇用統計(8月)が推定目標を逃したことへ留意することが重要です。

「労働市場の継続的に堅調な業績と、経済活動・インフレの見通し」について、Yellen氏がジャクソン・ホールでタカ派の急先鋒的な発言した際、利上げ率は42%に増加しました。雇用創出の速度が鈍化しているため、連邦準備制度理事会は、その増加を期待することはできません。そのため、他のより強力な雇用統計の発表を待つことは、非常に低い確率でしょう。大半のアナリストは、2016年は少なくとも25ペーシス・ポイントまで増加すると考えています。

もう一つの主要な因子は、11月の米大統領選挙です。これには、極端な動きで市場を揺り動かす可能性が秘められています。必要に応じた状況を含むために、連邦準備制度理事会は、金融政策ともに便利なツールを維持したいと思っています。株式市場が非常に脆弱であるため、Yellen氏はまた、政治的な側面を検討しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

スウィフト・トランスポーテーション   メドウブルック・インシュアランス・グループ   ノバテルワイヤレス   YPF   ブルックフィールド・アセット・マネジメント   ミドルバイ   チャイナ・モバイル・ゲームス・アンド・エンターテイメント   キャピトル・フェデラル・ファイナンシャル   ニュースキン   アルファベット   メタ・フィナンシャル・グループ   iシェアーズ・MSCI・EAFE・グロースETF   マイクロネット・エナーテック・テクノロジーズ   USG   ヴェオリア・エンバイロメント   マッコーリー・インフラストラクチャー   シュティーフェル・ファイナンシャル   マグロー・ヒル・ファイナンシャル   トタル   メイデン・ホールディングス   WisdomTree U.S. Quality Dividend Growth Fund  

このニュースの関連企業・銘柄

モルガン・スタンレー<MS>
ゴールドマン・サックス<GS>

リアルタイム・検索ランキング